スポンサードリンク

栗村修「プロフェッショナル」

Posted on: 2018.05.23
スポンサードリンク

「NTN presents 2018 Tour of Japan」は第4ステージまで終了しました(堺⇒京都⇒いなべ⇒美濃)。明日は第5ステージ(南信州ステージ)となります。本日の美濃ステージのスタート前に残念な一報が入ってきました。

「バーレーン・メリダ」所属の日本のスター選手、新城幸也選手が、前日の第3ステージの落車で負った怪我の影響でDNS(未出走)の決断を下したという内容でした…。

怪我の状況を考えるとDNSはある意味で当然の判断なのですが、新城選手自身は「走りたい」という強い意思を持っていたようで、それに対してチームドクターがストップをかけた状況だったようです。

朝に急遽開催した記者会見の席で、「ツアー・オブ・ジャパンでなかったら前日の時点でリタイアしていた」と語った新城選手の言葉を聞いて、正直、目頭が熱くなってしまいました。

実は昨年の12月に、新城選手は忙しいスケジュールの合間を縫って、美濃ステージ主催のトークショーに参加してくれました。

ちなみに、ツアー・オブ・ジャパン 美濃ステージは、地元の熱い想いを持った人生の先輩方が、文字通り手作りで開催を続けている地域密着型の手本の様なステージです。

新城選手が一泊二日で冬の美濃に訪れ、帰り際に地元の方から「もう二度と会えないかもしれないので一緒に記念撮影ができてとても嬉しいです」と言われた際に、「そんなことはありませんよ」と返事を返していたのがとても印象的でした。

本日、記者会見終了後に、新城選手と少しだけ話せるタイミングがあったのですが、その時に「よりによって美濃でDNSとはとても残念ですね」と心のうちを語ってくれました。

新城選手は、間違いなくあの時の言葉を覚えていて、そして、美濃ステージで再び表彰台に上がることを本気で考えてくれていたのだと思います。

いなべステージでの落車後にみせた献身的な走りはまさにプロフェッショナルでしたが、それと共に、「応援してくれるひとたちのために走る」という新城選手のマインドは、まさにプロフェッショナルの鏡だと感じた瞬間でした。

▷5月20日-27日開催 ツアー・オブ・ジャパン公式ホームページ
http://www.toj.co.jp/

AUTHOR PROFILE

栗村 修 くりむら・おさむ/1971年横浜市出身。15歳から本格的にロードレースをはじめ、高校を中退し単身フランス自転車留学。帰国後シマノレーシングで契約選手となり、1998年ポーランドのプロチーム「ムロズ」と契約。2000年よりミヤタ・スバルレーシングで活躍した後、2002年より同チームで監督としてチームを率いた。2008-09年はシマノレーシングでスポーツディレクター。2010年より宇都宮ブリッツェンにて監督。2014シーズンからは、宇都宮ブリッツェンのテクニカルアドバイザーを務めた。現在は、一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役につき、ツアー・オブ・ジャパン大会副ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。JSPORTSのロードレース解説をはじめ、競技の普及および日本人選手活躍にむけた活動も積極的に行なう。 筆者の公式ブログはこちら

栗村 修の新着コラム

NEW ENTRY