スポンサードリンク

栗村修「ツール・ド・フランスの開催時期について」

Posted on: 2020.04.17
スポンサードリンク

世界の自転車ロードレース界にとって非常に重要となる「2020年ツール・ド・フランス」の開催について、その可否と、もし開催できることになった際のタイミングなどについて、ここ数日リーク記事が飛び交っております。

そんな中、フランスの「ドーフィネ・リベレ紙」が、火曜日に以下の様な内容を報じました。

「月曜日の夜にフランスのマクロン大統領は、国内での観客が多いイベントの開催を、少なくとも7月中旬まで禁止するという発表を行いました。

この発表を受けて、今年のツール・ド・フランスは、8月29日から9月20日まで期間で開催される可能性が浮上してきています。

8月29日にニースでのグランデパールということになれば、例えばその前に、クリテリウム・デュ・ドーフィネなどの1週間の前哨戦の開催も可能となり、選手たちはある程度の準備期間を確保できることになります。」

これまでの中でもっとも具体的なリーク記事な感じがいたしますが、一方で、トーマス・デヘント選手(ベルギー)などは、「正直、今年のツールが開催されるという確信は現時点では持てていない…」といったコメントも残しています。

そしてもし、8月29日から9月20日までの期間で「ツール・ド・フランス」が開催されることになった際に気になってくるのが、他のグランツールの開催タイミングです。

これまででてきている情報(ウワサ)では、「ブエルタ・ア・エスパーニャ」は当初の予定通りに8月14日から9月14日までの期間で開催。

一方、「ジロ・デ・イタリア」は、10月に開催するのではともいわれていました。

こうなってくると、それぞれのグランツールの開催時期が一部重なることにもなります。

まあ、今年に関しては、もはやそれでも仕方がない様な気もいたします。

正直、現時点では、今後どうなっていくのかはまったくわからない感じですが、一方で「ツール・ド・フランス」というイベントが、フランスという国にとって非常に大切な資産であるということがヒシヒシと伝わってきます…。

まずは安全第一。

その上で、開催が実現したら素晴らしいですね。

AUTHOR PROFILE

栗村 修 くりむら・おさむ/1971年横浜市出身。15歳から本格的にロードレースをはじめ、高校を中退し単身フランス自転車留学。帰国後シマノレーシングで契約選手となり、1998年ポーランドのプロチーム「ムロズ」と契約。2000年よりミヤタ・スバルレーシングで活躍した後、2002年より同チームで監督としてチームを率いた。2008-09年はシマノレーシングでスポーツディレクター。2010年より宇都宮ブリッツェンにて監督。2014シーズンからは、宇都宮ブリッツェンのテクニカルアドバイザーを務めた。現在は、一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役につき、ツアー・オブ・ジャパン大会副ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。JSPORTSのロードレース解説をはじめ、競技の普及および日本人選手活躍にむけた活動も積極的に行なう。 筆者の公式ブログはこちら

栗村 修の新着コラム

NEW ENTRY