スポンサードリンク

栗村修「シクロクロス東京/がんばれ新城選手!」

Posted on: 2016.02.15
スポンサードリンク

AJOCC(日本シクロクロス競技主催者協会)が運営する『JCX Series』最終戦にあたる『シクロクロス東京2016』のエリート男子のレースを観戦してきました。

尚、このレースの模様は、国内の自転車レース中継に力を入れている『J SPORTS(動画配信サービス「J SPORTSオンデマンド)』にて、会員無料のLIVE配信が実施されました。(録画配信期間: 2016/02/14 15:30 ~ 2016/04/30 23:59)

今シーズンは、国内の『Jプロツアー』を全戦ダイジェスト放送することも決定しており、長年、メディアとして国内の自転車レース文化を支え続けてきた『J SPORTS』が、引き続き途切れることのないチャレンジを継続してくれています。

さて、春を思わせる暖かさのなかで開催された『シクロクロス東京』ですが、近年『観戦型レース(もちろん参加型レースとしても)』として世界的に高い人気を誇っているシクロクロスの魅力を改めて示すように、会場には多くの観客が訪れ(主催者発表15,000人)、特に大接戦となったエリート男子のレースは大きな盛り上がりをみせました。

個人的には、宇都宮ブリッツェンの小坂選手が終盤先頭に立った時に、つい『いけ~~~小坂~~~』と大声を張り上げてしまい、なんとなく監督時代の熱い気持ちを想い出してしまいました…(汗。やはりレースはいいですね。

そんな、非常に盛り上がったレースを観戦した一方で、中東カタールからは我々日本人にとってとても悲しいニュースが飛び込んできました。

今シーズン最初のレースとなる『ツアー・オブ・カタール』に出場中の新城幸也選手が、最終第5ステージで落車し大腿骨骨折という大怪我を負ってしまったのです。

すでに6時間に及ぶ大手術を終え、常人では考えられないはやさでリハビリを開始しているという情報も入ってきています。

かつて監督時代に、同じく大腿骨骨折から復帰する鈴木真理選手とシーズンを共にしたことがあります。選手の心には強さと弱さが混在しています。

これまでも多くの怪我を驚異的な回復力で乗り越えてきた新城選手ですが、今回も間違えなくこの試練を克服してくれるでしょう。そして、更に強くなった姿を我々にみせてくれるはずです。

新城選手の存在は揺らぐことのない存在です。日本のファンや自転車関係者全員が、『日本の宝』の復帰を焦ることなくじっくりと待ち続けるでしょう。

選手として完全復帰することも大切ですが、新城選手がこの困難を乗り越えようとチャレンジすること自体に価値があると感じます。まずは、新城選手がこれから挑戦する『復帰という名のレース』を、皆でしっかりと応援していきたいと思います。

AUTHOR PROFILE

栗村 修 くりむら・おさむ/1971年横浜市出身。15歳から本格的にロードレースをはじめ、高校を中退し単身フランス自転車留学。帰国後シマノレーシングで契約選手となり、1998年ポーランドのプロチーム「ムロズ」と契約。2000年よりミヤタ・スバルレーシングで活躍した後、2002年より同チームで監督としてチームを率いた。2008-09年はシマノレーシングでスポーツディレクター。2010年より宇都宮ブリッツェンにて監督。2014シーズンからは、宇都宮ブリッツェンのテクニカルアドバイザーを務めた。現在は、一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役につき、ツアー・オブ・ジャパン大会副ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。JSPORTSのロードレース解説をはじめ、競技の普及および日本人選手活躍にむけた活動も積極的に行なう。 筆者の公式ブログはこちら

栗村 修の新着コラム

NEW ENTRY