スポンサードリンク

栗村修「3年の歳月」

Posted on: 2014.03.12
スポンサードリンク


【地元キャンプ、柿沼/廣瀬/中村/増田/辻/小坂/初山/若杉/片山右京。この直後に地震が発生】

東日本大震災から3年が経ちました。

地震発生時、宇都宮市内のスーパーで選手用の補食を買っていた(合宿中だった)のですが、レジに並んでいると揺れがどんどん大きくなっていき、怯えるレジのおばちゃんを台の下へ押し込んだあと、自分も急いで台の下へもぐりこみました…

揺れが収まって台の下から出てみると、一面に商品が散乱し、砂埃が舞うただならぬ光景が広がっていました…宇都宮でも震度6強を記録。その後、東北地方を中心に深刻な被害が広がっていることを知ります。

多くのレースがキャンセルとなり自分たちの無力さを感じました。チームは多くのボランティア活動などに力を入れましたが、選手たちは再開の目処が立たない状況下でただ黙々とトレーニングを続けていくしかありませんでした。

『自分たちは自転車に乗っていていいのだろうか?』

『自分たちに何ができる?』

『ここは大丈夫なのだろうか?』

選手たちは日々そんな風に悩んでいたと思います。この時期に感じた多くのことは、これからも心の奥底にずっと残っていくことでしょう。明確な答えはわかりませんでしたが、

『キレイ事を探すのではなくて、自分に与えられた一日一日に感謝して、毎日を一生懸命に生き抜く』

ということを強く教えられた気がします。結局、人生とはそうやって進んでいくしかないのだと。あらためて震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

AUTHOR PROFILE

栗村 修 くりむら・おさむ/1971年横浜市出身。15歳から本格的にロードレースをはじめ、高校を中退し単身フランス自転車留学。帰国後シマノレーシングで契約選手となり、1998年ポーランドのプロチーム「ムロズ」と契約。2000年よりミヤタ・スバルレーシングで活躍した後、2002年より同チームで監督としてチームを率いた。2008-09年はシマノレーシングでスポーツディレクター。2010年より宇都宮ブリッツェンにて監督。2014シーズンからは、宇都宮ブリッツェンのテクニカルアドバイザーを務めた。現在は、一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役につき、ツアー・オブ・ジャパン大会副ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。JSPORTSのロードレース解説をはじめ、競技の普及および日本人選手活躍にむけた活動も積極的に行なう。 筆者の公式ブログはこちら

栗村 修の新着コラム

NEW ENTRY