スポンサードリンク

栗村修「終わらない」

Posted on: 2015.03.13
スポンサードリンク

3月9日、UCI(国際自転車競技連合)がCIRC(自転車競技独立改革委員会)による227ページのドーピング関連レポートを公開しました。

衝撃的な新たな事実が含まれているわけではありませんが、これまでの『事件』や『ウワサ』などが、関係者らの証言などをベースに改めてキッチリとまとめらた内容となっています。

この中で個人的に気になったのは、内部証言として『未だに先頭集団の90%はなんらかの薬物に手を出しているのではないか…』という一文です。また、他の証言者はこの数字を20%とも話しているようです。

90%と20%とではだいぶ開きがありますが、どちらの数字であっても、事実ならば大きな問題であることに変わりはありません。

そんな中、先日、AG2Rのロイド・モンドリーが、2月17日の競技外検査でEPO陽性の疑いがある(Aサンプル)というニュースが入ってきました。モンドリーは、2004年からAG2R一筋の12年目のベテランで、近年”クリーンな国”と言われてきたフランスの選手です。

実は、AG2Rに所属しているフランス人選手からは、過去2年半のうちに3度の陽性反応がでています。

2012年9月21日 ストゥヴ・ウアナール/EPO/競技外検査

2013年5月10日 シルヴァン・ジョルジュ/ヘプタミノール/ジロ・デ・イタリア第7ステージ後検査

2015年2月17日 ロイド・モンドリー /EPO/競技外検査(Aサンプル)

ジョルジュの陽性反応のあと、AG2RはMPCCの独自ルールにより、自主的にレースへの出場を一定期間自粛しました。そして、今回のモンドリーのAサンプル陽性の結果を受け、GMのヴァンサン・ラヴニュは「恥ずかしい」と嘆き、パリ~ニース出場中のチームメイトたちも「憤っている」とメディアの前で語りました。

それにしても、何故、このタイミングで、ドメスティックなフランスのベテラン選手からEPOなのか?

ここ数年、ディルーカ(イタリア)、サンタンブロージョ(イタリア)、ラボッティーニ(イタリア)、イグリンスキー兄弟(カザフスタン)らがEPO陽性となりチーム存続が揺らぐほどの大きな騒ぎとなりました。(実際にはチームは存続していますしグランツールにも出場し続けていますが…)

また、EPOが検出可能レベルになってきていることは選手たちも十分に認識しているはずです。にも関わらずなぜ懲りずにEPOなのか?ただ気になるのは、今回のEPO陽性反応が『競技外検査』であるという点です。

ディルーカが3度目のEPO陽性で事実上の永久追放となった際に『検査官が6時間早くもしく6時間遅く来ていれば陽性にはなっていなかっただろう』と逆切れ発言をしていたのを思い出します。

問題は”EPOを使ったかどうか?”ではなく、”いつ検査されたか?”なのかもしれません。だとすると、”やっている人間”からすれば、EPOで陽性になるということは、スピード違反の”ネズミ捕り”に捕まるのと同じ感覚なのでしょうか?

『それでも良い方向へ向かっている』という多くの関係者たちの言葉を信じたいと思います。

AUTHOR PROFILE

栗村 修 くりむら・おさむ/1971年横浜市出身。15歳から本格的にロードレースをはじめ、高校を中退し単身フランス自転車留学。帰国後シマノレーシングで契約選手となり、1998年ポーランドのプロチーム「ムロズ」と契約。2000年よりミヤタ・スバルレーシングで活躍した後、2002年より同チームで監督としてチームを率いた。2008-09年はシマノレーシングでスポーツディレクター。2010年より宇都宮ブリッツェンにて監督。2014シーズンからは、宇都宮ブリッツェンのテクニカルアドバイザーを務めた。現在は、一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役につき、ツアー・オブ・ジャパン大会副ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。JSPORTSのロードレース解説をはじめ、競技の普及および日本人選手活躍にむけた活動も積極的に行なう。 筆者の公式ブログはこちら

栗村 修の新着コラム

NEW ENTRY