スポンサードリンク

栗村修「頂上決戦」

Posted on: 2014.06.30
スポンサードリンク

本日、2014年のロード日本チャンピオンを決める 『全日本自転車競技選手権大会ロードレースエリート男子』 が岩手県八幡平市(221.12km)で開催され、少ないチャンスに懸けてレース序盤から飛び出した佐野淳哉選手(那須ブラーゼン)が最後まで逃げ切る強力な走りをみせ、見事待望の全日本チャンピオンジャージに袖を通しました。


photo(c):Tatsuya.Sakamoto/STUDIO NOUTIS

これまで本場欧州で走り続けてきた佐野選手は今期より心機一転して発足2年目の 『那須ブラーゼン』 に移籍。

国内レース中心の活動に戸惑いながらも徐々に本来の自分を取り戻し、『フィジカル最強』 と称されてきた評価をとうとう最高の結果に繋げることに成功しました。

一方、これまでで最も 『優勝』 という二文字を意識してこのレースに挑んだ宇都宮ブリッツェンのエース増田選手は、万全の準備を行いスタート地点に並びましたが、勝つための脚と展開を手に入れることができずに8位でのフィニッシュとなっています。

毎年のことですが、このレースには消化しきれないほど多くのドラマが待ち受けています。

ブリッツェン関係者としては負けたことを真摯に受け止めなくてはいけませんが、それ以上に勝った佐野選手をはじめ、戦いに加わった全ての選手たちに尊敬の念を抱いてしまいます。

この様なレースをたくさんこなすことができれば選手たちの実力は上がっていき、そしてこのスポーツの魅力に魅了される人の数はどんどん増えていくことでしょう。

『全日本選手権ロードレース』

心から素晴らしいレースだと思いました。

AUTHOR PROFILE

栗村 修 くりむら・おさむ/1971年横浜市出身。15歳から本格的にロードレースをはじめ、高校を中退し単身フランス自転車留学。帰国後シマノレーシングで契約選手となり、1998年ポーランドのプロチーム「ムロズ」と契約。2000年よりミヤタ・スバルレーシングで活躍した後、2002年より同チームで監督としてチームを率いた。2008-09年はシマノレーシングでスポーツディレクター。2010年より宇都宮ブリッツェンにて監督。2014シーズンからは、宇都宮ブリッツェンのテクニカルアドバイザーを務めた。現在は、一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役につき、ツアー・オブ・ジャパン大会副ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。JSPORTSのロードレース解説をはじめ、競技の普及および日本人選手活躍にむけた活動も積極的に行なう。 筆者の公式ブログはこちら

栗村 修の新着コラム

NEW ENTRY