スポンサードリンク

三瓶将廣「2014UCI BMX SX World Cup 開幕戦」

Posted on: 2014.04.18
スポンサードリンク

水曜日からイギリス・マンチェスターに来ています!先月も訪れたイギリスナショナルサイクリングセンター。今回はUCIワールドカップ第1戦の帯同が目的。

昨日はマネージャーズミーティング行われて、今年度より採用される新ルールの説明が細かく行われた。やはり各国新ルールの解釈に苦しんでいたようで、今回のミーティングで、強豪国を含む全29カ国のスタッフやコーチたちが理解を深め、クリアになっていった。

大きな変更点はランキングトップ16位までの選手がタイムトライアルを行い、その他の選手は予選タイムトライアルではなく、予選3ヒートのレースを行い、その合計ポイントで争われるレース形式へ変更。

通常の予選とは違って、毎回走るメンバーが変わるランダムな組み合わせで3ヒートを行う。全参加者の中から男子トップ48人、女子トップ24人のみが通過という、これまた狭き門の争いだ。男子に関しては約150人がレースを行い、その中で48人のみが通過。失敗の許されない闘いは、タイムトライアルと変わらない。

今日は各クラス1時間半の公式練習が行われて、合計4時間半のBMXレースウォッチングとなった。慣れている人、慣れていない人、乗れている人、乗れていない人がいて、今回は特設コースではないから、また違ったレース展開が見れそうで楽しみだ。

日本チームとしては、松下巽、長迫吉拓、吉村樹希敢、吉井康平の男子4人と、女子は瀬古遥加1人の参加。

先月参加した3人は前回の修正ポイントを確認。初めてコースを走る吉村と瀬古は明日の2回目の練習でどこまで対応出来るかが勝負どころ。

ひとまず、全員クラッシュ・怪我もなく、いよいよワールドカップシーズンスタートです。明日の予選の組み合わせや、ライブリザルトは、BMX-RESULTS.comから見れます。ページ内のDETAILED RESULTSなどをクリックすると、各ヒートの組み合わせや結果がゴールするごとにアップされる。

またライブ中継はbmxlive.tvから見れます!

ではではまた結果などは、フェイスブック等で随時更新できたらと思います!
Masa

AUTHOR PROFILE

三瓶 将廣 さんぺい まさひろ/川崎市出身。プロBMXライダーであり、一般社団法人SYSTEMATIC BMXの代表を務める。5歳からBMXレースを始め、中学校入学と同時に拠点を海外へ移し、これまで17年間18カ国にて、レースに取り組んできたライダーである。全日本選手権3連覇、2011年アジア選手権優勝。日本を代表するプロライダーの一人。現在、ライダー業の傍ら、BMX/自転車普及活動を目的に、一般社団法人SYSTEMATIC BMXの代表としても活動している。 筆者の運営する公式サイトはこちら

三瓶 将廣の新着コラム

NEW ENTRY