スポンサードリンク

三瓶将廣「日本人出場の海外レース情報。長迫選手がロシアで優勝、丹野選手がUSAで2位」

Posted on: 2015.08.24
スポンサードリンク

海外で戦う日本人ライダーたちのリザルトが届きました。長迫吉拓選手はロシアのUCIレースで優勝!アメリカでも丹野夏波選手が2位に入賞しました。

ロシア–Omsk Open Round 1-2
初日のラウンド1では決勝トップを走るも、最終バームにてパスされ惜しくも4位に終わった長迫選手。2日目は前日の修正点をうまくまとめ、昨年に続きロシア・オムスクでの大会を優勝で終えました。

リオ五輪に繋がるUCIポイントを50点加算した長迫選手は、アルゼンチンにて開催されるワールドカップ第4戦(9月4-6日)へ向かいます!

アメリカ–USABMX Mile High Nationals
日本時間明け方に行われたレースでは、こちらも嬉しいリザルトが届いています!Girls15-16歳クラスに出場した丹野夏波選手は、両日共に2位の好成績を残しました!

リザルトとしては両日2位でしたが、長迫選手同様2日目は前日の改善ポイントを修正し、トップをリードする年上のソフィア・フォレスタ選手を第2コーナーでパスし、一時はトップを走る場面も見られました。最終バームで再度順位が入れ替わりましたが、自信に繋がる1戦になったことでしょう!

レースのリプレイ映像も下記YouTubeにてご覧いただけます。
(丹野選手決勝は4時間37分から)

9月からはリオオリンピックのテストイベントなどを含む海外レースが続き帯同も多くなりますが、引き続き国内外問わずどこからでも、どこへでもサポートをしていきたいと思います。

AUTHOR PROFILE

三瓶 将廣 さんぺい まさひろ/川崎市出身。プロBMXライダーであり、一般社団法人SYSTEMATIC BMXの代表を務める。5歳からBMXレースを始め、中学校入学と同時に拠点を海外へ移し、これまで17年間18カ国にて、レースに取り組んできたライダーである。全日本選手権3連覇、2011年アジア選手権優勝。日本を代表するプロライダーの一人。現在、ライダー業の傍ら、BMX/自転車普及活動を目的に、一般社団法人SYSTEMATIC BMXの代表としても活動している。 筆者の運営する公式サイトはこちら

三瓶 将廣の新着コラム

NEW ENTRY