スポンサードリンク

栗村修「走り納め 書き納め」

Posted on: 2015.12.29
スポンサードリンク

先週末は、『ラグビーワールドカップ2019』の開会式及び開幕戦の会場に決まった『東京スタジアム(開催都市:東京都/味の素スタジアム)』に於いて開催された『東京ワンダーレース 味の素スタジアムステージ』に、今年最後の『JrIDE PROJECT』関連のスクールを開催するために行って参りました。

このレースは、東京都立川市を拠点として活動している地域密着型チーム『東京ヴェントス』を運営している『BCクリエイト』が主催する地域密着型イベントです。

『BCクリエイト』代表の二戸氏は、私が現役時代に共にレースを走っていた元実業団選手で、『宇都宮ブリッツェン』などの地域密着型チームの活動に賛同し、自身もチームを立ち上げた行動力のある人物です。

2014年に発足した『東京ヴェントス』は、JBCFの『Jエリートツアー』などで地道に結果を残し、いよいよ2016年からは 『Jプロツアー』への昇格が決まっています。

『チーム運営』、『レース開催』、『スクール開催』など、地域密着型チームを運営する上で重要なコンテンツを、東京というある意味で『地域愛』を生み出すことが難しいとされている地域でしっかりと実行していることは尊敬に値します。

今回、このイベントの中で『JrIDE PROJECT』関連のスクールを開催させていただき、また、午後からは『2時間エンデューロ』にも飛び入り参加し、ちゃっかりと2015年の『走り納め』をしました。

そして、当ブログの年内更新も今回が『書き納め』となります。

自分自身の2015年全体を振り返ってみると、とにかく『突っ走った1年』だったなあと感じています。

これまでもずっと『突っ走りっぱなし』だったのかもしれませんが、今年は単純に『1日24時間という限られた時間に対する作業量』がもはやパツンパツンになってしまっており、そういった意味でモルモット(強制)的な『突っ走り』を余儀なくされた1年でした。

『忙しい』とか『限界』といった言葉はあまり使いたくないので、来年に向けては『時間を創る』方法を少し考えていきたいと思います。

ということで、本年も大変お世話になりました。と、言ってるそばから、休むことなくすぐに来年がやってきます…辛いことがあっても、前を向き、笑顔でがんばって参りますので、引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。

それでは、良いお年をお迎えください。

AUTHOR PROFILE

栗村 修 くりむら・おさむ/1971年横浜市出身。15歳から本格的にロードレースをはじめ、高校を中退し単身フランス自転車留学。帰国後シマノレーシングで契約選手となり、1998年ポーランドのプロチーム「ムロズ」と契約。2000年よりミヤタ・スバルレーシングで活躍した後、2002年より同チームで監督としてチームを率いた。2008-09年はシマノレーシングでスポーツディレクター。2010年より宇都宮ブリッツェンにて監督。2014シーズンからは、宇都宮ブリッツェンのテクニカルアドバイザーを務めた。現在は、一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役につき、ツアー・オブ・ジャパン大会副ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。JSPORTSのロードレース解説をはじめ、競技の普及および日本人選手活躍にむけた活動も積極的に行なう。 筆者の公式ブログはこちら

栗村 修の新着コラム

NEW ENTRY