スポンサードリンク

腰山雅大「George MarshallのInstagramを追って」

Posted on: 2016.01.07
スポンサードリンク

MongooseライダーのGreg Illingworthの映像が公開されていますね。着目すべきは以前、彼らがこっそり来日していた時のキャプチャーが含まれているところ。僕らが実際にライディングしたことのある場所を、プロが駆け抜ける。それだけでテンションがあがるものです。

もう一点。20インチと700C/業界半魚人的な僕の目線で伝えるならば、この映像の裏側で少し面白い出来事を見ていました。

@gregillingworth Ruben wall ride at @houseofvansldn while filming for his new edit 'irritable bowl syndrome'

George Marshallさん(@georgemarshallphoto)が投稿した写真 –

George Marshallという人が、今回の映像の側で写真を撮影しているようです。

Sport Magazine cover feature with Bradley Wiggins, shot for @Rapha @wigginsofficial @bradwiggins

George Marshallさん(@georgemarshallphoto)が投稿した写真 –

One for the wall. Congrats again @sebastiankeep, thanks @sebastian_denver @rideukbmx

George Marshallさん(@georgemarshallphoto)が投稿した写真 –

この2枚を撮ったフォトグラファー、ということだけで大体の説明が完了してしまいそうです。
Sir Bradley Wiggins と Bas Keep。ロード的にも、BMX的にも、かなり歴史に残る写真を抑えています。

映像に登場する日本のシーンは 山形の寒河江と北海道のDeath Bowl。昨年の夏くらいに来日していたようで、ぼんやり動きを追いかけていたら、前半は映像のGreg IllingworthとKevin Kalkoffを追って#japandeathbowlというツアーを撮影していたようで、後半は Rapha の撮影でCCTYOをベースにライドをしていたようです。

Rolling through rural Japan. – Feature for @rapha

George Marshallさん(@georgemarshallphoto)が投稿した写真 –

Raphaでの撮影もストーリーを添えて既に公開されています。

Escaping the City

僕も、遠征へBMXとロードの両方を持って行くこともあるのですが、仕事として両方を楽しむこの感じが側から見ていて羨ましかったり、憧れてみたりするのです。

AUTHOR PROFILE

腰山雅大 こしやま まさひろ/1986年4月10日生まれ。兵庫県出身。 '00年、BMXと出会う。競技を続ける傍ら、BMX専門誌への寄稿、コンテストでのジャッジ、MC、競技大会の主催など、マルチに活動をする。'14年にシクロクロスを始める。変速機のないシングルスピードの車両(SSCX)で参戦を続け、現在カテゴリー1を走る。'15年からアメリカ、ミネアポリスの自転車ブランド “All-City Cycles” のライダーとして活動をする。趣味はコーヒー。 ◆筆者の公式ブログはこちら ◆筆者のInstagramはこちら

腰山雅大の新着コラム

NEW ENTRY