スポンサードリンク

腰山雅大「泥、泥、C1挑戦」

Posted on: 2015.11.10
スポンサードリンク

ーー関西シクロクロス#2大野ダムC1/26位、63%

俗に言うシーワン、を、走ってきました。662CCCのレポートでも記載した通りの泥、泥、泥。あ、でもここで言うそれは僕にとってはポジティブな話。周りがズルズル泥で滑っていくのを横目に、ニコニコしながらドリフト走行を繰り返し、終わってみれば63%でゴールでした。とっても幸先がいいです。

それもこれも、新しい自転車に乗り換えたことで印象が随分変わったことが要因。以前は泥が大嫌いでした。
 
いまのマシンーーAll-City Natureboy 853に乗り換えてからは初の泥レースだったんですが、ディスクブレーキ最高です。いつでも一定の制動力、泥詰まらない。ついでに僕のは油圧なので、タッチ軽いし、後で洗車してもワイヤーのラインも気にしなくていいので楽チン。ちなみにシフターも無いので僕の自転車は「ワイヤーレス」です。ご参考まで。

あと、以前購入していたBoredのWR(Water Resist)を試してみました。泥の付着を防ぐやつ、タイヤとリムに塗ってます、とりあえず写真見てください。時系列に並べてますが、最後まで泥がへばり付くことはありませんでした。ジャージも周りと比べて汚れが少なかったので、そういうことです。スプレータイプで、汚れのない状態でシュッシュと吹いて10分くらい乾かせばOK。

試走では塗布せず、タイヤに泥が付いてスピードが上がったときの跳ね上がりが煩わしかったです、これは非常にいい結果が出ました。BoredはBMXライダーの内藤健一さんあってのブランド、BMXライダーである、という繋がりがこうやって活かせるのは嬉しいです。

http://bored.thebase.in/category/BORED%20VITAL%20DIVISION

よくよく考えると、来週は662トレイル15周年、その次のマキノはUCIなので今年はキャンセル。次の日はJBMXFのBMXプレ全日本選手権。そして野辺山(こちらもUCIでキャンセル)ということで、僕が次シクロクロスを走るのは、全日本選手権の飯山になりそうです。

まだエントリー承認下りてないのでわかりませんが、OK出れば出走します!

AUTHOR PROFILE

腰山雅大 こしやま まさひろ/1986年4月10日生まれ。兵庫県出身。 '00年、BMXと出会う。競技を続ける傍ら、BMX専門誌への寄稿、コンテストでのジャッジ、MC、競技大会の主催など、マルチに活動をする。'14年にシクロクロスを始める。変速機のないシングルスピードの車両(SSCX)で参戦を続け、現在カテゴリー1を走る。'15年からアメリカ、ミネアポリスの自転車ブランド “All-City Cycles” のライダーとして活動をする。趣味はコーヒー。 ◆筆者の公式ブログはこちら ◆筆者のInstagramはこちら

腰山雅大の新着コラム

NEW ENTRY