スポンサードリンク

内間、中根等4選手がNIPPO・ヴィーニファンティーニに新規加入!JCFと連携し東京五輪へ

Posted on: 2016.10.24
スポンサードリンク

10月24日、NIPPO・ヴィーニファンティーニは2017年シーズンの体制についての記者会見を行い、日本自転車競技連盟承認団体「JAPANプロサイクリング」と提携し、世界での日本人選手の活躍支援を行うことも発表した。


NIPPO・ヴィーニファンティーニ2017年シーズン体制発表

駐日イタリア大使館にて行われた記者会見。来季は、中根英登・伊藤雅和(愛三工業レーシング)、リオオリンピック代表内間康平(チームブリヂストン・アンカー)、U23全日本チャンピオン小林海(チームクオータ C.パウリーノ)の4名が新規加入、山本元喜、石橋学は他チームへの移籍が決まっている。


2017年新規加入の4名

また記者会見には、日本自転車競技連盟の承認団体「一般社団法人JAPANプロサイクリング」より橋本聖子理事長、林辰夫理事が出席。2020年の東京オリンピックでのメダル獲得を目標にして、NIPPO・ヴィーニファンティーニと連帯することを発表。

日本の自転車競技を応援するスポンサーが集結し一丸となって活動し、選手・スタッフが世界で活躍できるよう環境を構築していく。

チームの当面の目標はヨーロッパのビッグレースでの活躍に加え、東京オリンピックでの出場枠をかけた、UCiアジア大陸ツアーで日本人選手のポイント獲得を狙う。

NEW ENTRY