スポンサードリンク

橋本英也がポイントレースで世界5位に入るも終盤で落車し鎖骨骨折

Posted on: 2016.03.05
スポンサードリンク

3月2日に開幕したUCIトラック世界選手権。大会3日目となる3月4日に開催された男子ポイントレースで、橋本英也(鹿屋体育大学・NIPPO)が序盤から積極的に走り、終盤で落車に見舞われたものの、日本人選手過去最高位となる5位でゴール。レース後に病院で診察を受けた結果、右鎖骨の骨折と診断された。


写真:序盤に2選手で先行する橋本英也。この後、集団のラップに成功した

男子ポイントレースには世界各国から21名の選手が出場。ポイントレースは現在はオリンピック種目ではないが、長い歴史をもち、トラック中距離の人気種目の1つ。世界選手権では、1周250メートルのバンクを160周回。40kmで競われ、10周回ごとにポイント周回が設定され、その周回の着順によって上位4選手にポイントが付く。最終的な着順ではなく、獲得ポイントにより勝者が決まるルールだ。

レースがスタートすると、序盤で橋本が開催国イギリスのジョナサン・ディッベン(ウィギンス)と先行。二人とも22歳。果敢な走りで攻め続け、集団のラップに成功し、ボーナスポイントを20点獲得した。中盤まで、橋本は暫定2位につけたが、その後、他の3選手がラップし、順位を落とす。

レース終盤、暫定5位につけていた橋本は、積極的な動きでポイントを加算。ランクアップを狙ったが、残り10周回を前に、先頭交代の際、単独で落車するアクシデントに見舞われた。

ニュートラル走行ののち、レースに復帰したが、落車の影響があり、最後の局面で本来の力は出せずに5位でレースを終えた。これまでの日本人選手の歴代最高位でのゴールとなった。また、優勝は序盤に橋本と先行したイギリスのディッベン。劇的な逆転勝利で大歓声の中でアルカンシェルを手にした。

レース後に日本ナショナルチームの飯島誠・中距離ヘッドコーチは「最初に一番強い選手と逃げられたことは良かった。中盤は少し苦しい展開が続き、後半もう一度追い上げようとしたところで落車してしまった。優勝までは少し差が開いてしまっていたが、3位に入る可能性はあったので、そういう意味では残念に思う」と話した。

そして、痛みを堪えながらフィニッシュした橋本。鎖骨骨折が疑われたためレース後に病院でレントゲンを撮り、右の鎖骨骨折と診断された。帰国後に、日本で手術を受ける予定。


写真:骨折した右鎖骨のレントゲン(本人提供)

橋本英也のコメント
「初出場のポイントレースを5位で終えました。過去のレースを分析して、ラップしたメンバーでの争いだと読んでいたので、良いタイミングでラップして、後半に逆転することが作戦でした。終盤に落車こそあったものの、自分らしい積極的なレースを展開することができました。応援して頂いたみなさま、ありがとうございました!」

UCIトラック世界選手権は、3月5日には窪木一茂(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)の出場するオムニアムの第2日目の競技が行われる。

本人ブログ
http://ameblo.jp/eiya-hashimoto/


写真:大勢の観客が詰めかけたロンドンのリーバレーヴェロドローム

●大会公式サイト
http://www.trackcyclingworlds2016.london
●国内放映・SPEEDチャンネル(有料放送)
http://www.speedchannel.co.jp/index.php
●トラック競技の種目解説(JCF)
http://jcf.or.jp/?page_id=5573

(情報・写真提供:NIPPO Racing Project)

NEW ENTRY