スポンサードリンク

新城幸也、今季初のステージレース、ティレーノ・アドリアティコに出場「自分に出来ることはある」

Posted on: 2015.03.11
スポンサードリンク

約50日間におよぶタイ合宿、アジア選手権を終えた新城は、2月末に渡仏しヨーロッパでの2015年シーズンをいよいよスタートさせた。そして3月11日から17日まで、イタリアで開催されるティレーノ・アドリアティコ(UCIワールドツアー)に出場する。


地元ナントの空港からイタリアに出発する新城 (Photo Miwa IIJIMA)
 
フランスの拠点に戻った後、チームの撮影や測定などシーズンインの行事をこなした新城は、3月1日にヨーロッパ初戦となったドロームクラシック(UCI1-1)を走ったが、雨の中のレースで、ヨーロッパの寒さに苦戦し、85位でのゴールとなった。


新城にとって3年ぶりとなったチームのポスター撮影 (Photo Miwa IIJIMA)

新城にとって、今シーズン最初のステージレースとなるティレーノ・アドリアティコには、昨年のツール・ド・フランス覇者ヴィンツェンツォ・ニバリ(アスタナ)をはじめ、アルベルト・コンタドール(ティンコフ・サクソ)、ナイロ・クインタナ(モビスター)、ペーター・サガン(テンコフ・サクソ)、そして、ファビアン・カンチェラーラ(トレックファクトリーレーシング)などのスター選手が顔をそろえる。


スター選手が一同に介すティレーノ・アドリアティコ (Photo ANSA / DAL ZENNARO – PERI)

チームヨーロッパカーからは、ピエール・ローランがエースとして出場。ピエールをどれだけアシストできるか、大きな責任が課せられる新城は「ステージレースの初戦が山岳メインのこれ(ティレーノ・アドリアティコ)と言うのは厳しいね。昨年も走っているが、寒さと体調不良で苦戦したなぁ。と言うイメージ。とにかく走ってみないと調子もわからないけど、自分にできることはあると思う」と語った。

第1ステージは5.7kmの平坦基調のコースで行われる個人タイムトライアル。レースの模様は大会公式ツィッターでみることができる。

◆ティレーノ・アドリアティコ公式ページ

(記事:TeamEuropcar Miwa IIJIMA)

NEW ENTRY