スポンサードリンク

世界大学選手権が開幕。個人TT、男女ともに日本勢は9位が最高位

Posted on: 2014.07.11
スポンサードリンク

ポーランド、イェレニャ・グラで行われている「2014世界大学選手権自転車競技大会」が7月9日に開幕。初日は23kmの個人タイムトライアルが行われた。


参加している日本代表選手達

女子は合田裕美子(早稲田大学)と伊藤杏菜(中京大学)が出場し、合田はトップと2分24秒差の9位。伊藤は4分25秒差の16位という結果となった。


スタートラインに立つ合田裕美子

男子は徳田優(鹿屋体育大学)と山本大喜(鹿屋体育大学)が出場。徳田がトップと2分10秒差の9位。全日本個人タイムトライアル・ジュニアチャンピオンの山本は4分25秒差の16位となった。

欧州のプロツアーやコンティネンタル所属選手がいる中、男女とも持っている力を出し切りまずまずの成績に終わった。翌日のロードレースに期待がかかる。

【文・写真提供:日本学生自転車競技連盟】

NEW ENTRY