スポンサードリンク

パラ世界選が10日にメキシコで開幕!リオ参加枠獲得へポイント争いがスタート

Posted on: 2014.04.09
スポンサードリンク

4月10日にメキシコのアグアスカリエンテスで、障害者自転車競技・パラサイクリングのトラック世界選手権が開幕する。日本からは、ロンドンパラリンピック銅メダリストの藤田征樹(日立建機)、石井雅史(藤沢市みらい創造財団)、鹿沼由理恵(メットライフアリコ生命保険)、視覚障害クラス・鹿沼のパイロットとしてガールズケイリンで活躍する田中まい(千葉)が出場。

2016年のリオデジャネイロパラリンピック出場枠を決める、UCIポイントの対象大会として重要な一戦で上位入賞を目指す。一昨年、クロスカントリースキーからリオを目指して自転車に転向した鹿沼とパイロットの田中は、日本のパラ女子として初めてトラック世界選手権に出場する。

今回、パラサイクリング日本代表チームには、ロンドンパラリンピックにパイロットとして出場した競輪選手の伊藤保文(京都)がヘッドコーチとして帯同し、さらに義肢装具士もチームスタッフに加わった。義肢装具士とは義足などを製作からアフターケアまで全般的に行う専門家で、今回帯同する斎藤拓は、義足を装着して競技を行う藤田をサポートし続けて来た人物の一人だ。

藤田は2008年の北京、前回のロンドンと続けてメダルを獲得し、リオに向けても日本チームの柱となっている。2020年に東京でパラリンピック開催が決まった今、次世代へ襷をつなぐべく、世界選手権での活躍を誓った。

パラ世界選の翌週4月19、20日には福島県の泉崎でパラトラック日本選手権が開催される。昨年に続き、全日本選手権トラックと同時開催。先の震災で大被害を受けたものの、大規模な改修を経て復活した新生・泉崎競技場に、障害の垣根を越えた日本のトップレーサーたちが集う。

【2014年UCIパラサイクリングトラック世界選手権】
大会期間 4月10日(木)~4月13日(日)
開催場所 メキシコ・アグアスカリエンテス
選  手 藤田 征樹 (日立建機)
     石井 雅史 (藤沢市みらい造財団)   
     鹿沼 由理恵(メットライフアリコ生命保険)
     田中 まい (日本競輪選手会)パイロット
スタッフ 伊藤 保文(競輪選手) ヘッドコーチ
     鬼原 積 (JCF)  メカニック
 斎藤 拓 (JPCF) 義肢装具士
 権丈 泰巳(JPCF) コーチ

■UCI大会ページ 

【出場選手インタビュー動画:リオへの戦いスタート!パラ世界選に挑む日本代表たちの想い】

    

NEW ENTRY