スポンサードリンク

スポンサードリンク

障害者自転車競技ロード世界選が開幕!ガールズ田中まいがパイロットに抜擢

8月29日からカナダで開かれる障害者自転車競技・パラサイクリングのロード世界選手権。日本から出場する7選手から、今回がパラサイクリング世界大会デビュー戦となる3名の新選手を中心に紹介する。  

新選手はいずれもパラリンピック出場が期待されるアスリート。車椅子陸上競技でパラリンピック2大会出場の実績を持つ花岡伸和選手は、自転車競技(ハンドサイクル)に転向後初の世界挑戦となる。また、クロスカントリースキーでバンクーバーパラリンピックに出場した視覚障害クラスの鹿沼由理恵選手も今回はじめて世界に挑む。さらに、鹿沼選手のパイロットには、ガールズケイリンのトップクラスで活躍する田中まい選手が抜擢された。

世界大会に日本の女子視覚障害クラスの選手が出場するのは2人が初めて。世界では多くの女子選手が活躍しているパラサイクリングに日本女子のパワーをアピールすることが出来るか。2016年のブラジル・パラリンピックへ、そして、東京での開催が期待される2020年大会へ。オリンピックチーム同様、日本パラサイクリングチームも未来へ向けて挑戦を続けている。

【2013 UCIパラサイクリング ロード世界選手権】
大会期間:8月29日~9月1日 
開催地:カナダ・ベコモ
日本代表選手
 藤田 征樹 (茨城・日立建機)
 奥村 直彦 (ハンドバイク/茨城・風輪堂)
 花岡 伸和 (ハンドバイク/千葉・プーマジャパン)
 大城 竜之 (視覚障害タンデム/東京・文京盲学校)
 伊藤 保文 (タンデムパイロット/京都・競輪選手)
 鹿沼 由理恵(視覚障害タンデム/東京・メットライフアリコ)
 田中 まい (タンデムパイロット/千葉・競輪選手)

 チーム監督 林 次郎(福岡・競輪選手)

・UCI大会ページ
http://www.uci.ch/templates/UCI/UCI5/layout.asp?MenuId=MTU3NDI&LangId=1

タグ: , , , ,

NEW ENTRY