スポンサードリンク

ダウンアンダー第2ステージ、地元オーストラリア勢を退けウリッシが制す。新城幸也は位置取り上手くいかず43位

Posted on: 2014.01.22
スポンサードリンク

オーストラリアで開催中のツアー・ダウンアンダー22日、第2ステージが行われ、ゴールスプリントの末、地元勢を退けイタリア、ディエゴ・ウリッシ(ランプレ・メリダ)が制した。新城幸也は集団内の位置取りが上手くゆかず43位に終わった。


レース前、ミーティング中のチームヨーロッパカー (Photo Miwa IIJIMA)

第2ステージは距離150km。最後になだらかなアップダウンがある周回コースを3周回するコースレイアウトで争われた。序盤で3名の選手が逃げを決め、集団も様子を見ながらハイペースでレースを進める。

新城所属のチームヨーロッパカーは、特にチームのオーダーはなく、選手それぞれ調子を確かめながら自由に走った。

最終周回3人の逃げは捕まり、集団の人数が徐々に絞られる中、勝負の行方は集団によるゴールスプリントに。ステージを制したのはディエゴ・ウリッシ(ランプレ・メリダ)。連日元気なオーストラリア勢を退け勝利を飾った。

新城は最後まで集団で粘るものの、位置取り争いが上手くいかず、ゴールスプリントに絡むことなく43位でゴールした。「今日も自由に走っていいと言われたから、スプリントに集中していたんだけど、、、なかなかうまくはいかなかった。明日の第3ステージももちろんスプリント狙っていきたいけど、それはまた明日のチームオーダー次第。第1ステージのような展開になると思うので、チャンスをうかがう。」とレース後語った


フィニッシュラインを駆け抜ける新城 (Photo Miwa IIJIMA)

明日はスプリントポイントが2回、山岳ポイントが1回設定された、145kmのレースとなる。

【ツアー・ダウンアンダー 第2ステージ結果】
1位 ディエゴ・ウリッシ(イタリア、ランプレ・メリダ)
2位 サイモン・ゲランス(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)
3位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシング)
4位 フランチェスコ・ガヴァッツィ(イタリア、アスタナ)
5位 ロバート・ヘーシンク(オランダ、ベルキン・プロサイクリング)
43位 新城幸也(日本、チームヨーロッパカー)

【ツアー・ダウンアンダー 個人総合 暫定順位】
1位 サイモン・ゲランス(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ) 
2位 ディエゴ・ウリッシ(イタリア、ランプレ・メリダ)      +7秒
3位 アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ベリソル)      +11秒
4位 カデル・エヴァンス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)+13秒
5位 スティール・ヴォンホフ(オーストラリア、ガーミン・シャープ)+13秒
55位 新城幸也(日本、チームヨーロッパカー)           +21秒

◆大会オフィシャルページ

【記事・写真 Miwa IIJIMA】

NEW ENTRY