スポンサードリンク

吉村樹希敢がBMXアジア王座獲得!日本はジュニアとエリート合わせて金メダル3つ

Posted on: 2016.06.13
スポンサードリンク

6月12日に中国・太原でBMXアジア選手権大会が開催され、男子エリートでは吉村樹希敢が優勝し、日本チームが3年連続で表彰台を独占した。また男子ジュニアでは山口大地が連覇を達成、女子ジュニアでは初出場の畠山紗英が優勝。日本代表は3カテゴリーで表彰台の頂点に立った。


男子エリート表彰式(左より2位の吉井、優勝の吉村、3位の松下)


男子ジュニア表彰式(左:2位の池上、中央:優勝の山口)


女子ジュニア優勝の畠山の走り(ゼッケン18)

下記は監督の三瓶将廣によるレポート

2016年BMXアジア選手権大会が中国・太原にて開催されました。2004年に建設された今大会会場は、2006年に初のBMXアジア選手権大会が開催され、2008年にはアジア初のBMX世界選手権大会も開催されるなど、アジアでは数少ない世界基準のコースです。

今年は参加国6カ国と少なめでしたが、日本からは9名の選手が参加し、全カテゴリーでのタイトル獲得を狙いました。ジュニアカテゴリーでは、アジア選手権大会初参戦となる畠山紗英が女子クラスで優勝しました。男子は昨年に続き山口大地が優勝し2連覇を達成しました。2位には池上泰地が入賞し、日本チーム1?2フィニッシュとなりました。

エリートカテゴリーは予選から中国チームに先行を許す場面が続き、女子クラスは決勝でも攻略することができず、日本の瀬古遥加は5位でレースを終えました。

男子は日本より4名の選手が決勝へ進出、吉村樹希敢が優勝し自身初のエリートアジアタイトルを獲得しました。2位には吉井康平、3位に松下巽が入り、3年連続で日本チームが表彰台を独占し、タイトルを守りきりました。

年々レベルの上がるアジア圏のBMXレースですが、今後もシーンをリードし、8月に控えるリオ五輪でもしっかりとパフォーマンスを発揮できるよう引き続きサポートしていきます。今大会もたくさんのご声援いただき、ありがとうございました。

【ジュニアエリート女子】
優勝 畠山 紗英(白鵬女子高等学校)
2位 Wong Meng Yao 中国
3位 Weng Pei Pei 中国

【ジュニアエリート男子】
優勝 山口大地(帝京長岡高等学校)
2位 池上泰地(Team Kuwahara)
3位 Miao Run Peng 中国

【エリート女子】
優勝 Lu Yan 中国
2位 Zhang Ya Ru 中国
3位 Hao Cui 中国
5位 瀬古 遥加(至学館大学)Elite【エリート 男子】

【エリート男子】
優勝 吉村樹希敢(CREDIT Racing)
2位 吉井康平(MXインターナショナル)
3位 松下巽(早稲田大学大学院)
6位 長谷川勇斗(流通経済大学)
予選敗退 三瓶 貴公(サイバー大学)

情報・写真提供:日本自転車競技連盟BMX小委員会委員

NEW ENTRY