スポンサードリンク

2013アジアBMX選手権 Jrクラスで吉井康平と瀬古遥加が優勝 エリートはタイトル逃す

Posted on: 2013.05.20
スポンサードリンク

5月19日シンガポールで開催された第6回アジアBMX選手権。最高峰クラスエリート男子には、2年ぶりのタイトル奪取を目指した日本勢3選手(松下巽、吉村樹希敢、三瓶将廣)が出場。3選手ともに決勝進出を決めるものの、フィリピンのダニー・キャラグがスタートから先頭にでて、そのまま逃げ切り優勝。追い上げをみせた松下巽と吉村樹希敢は、それぞれ2位と3位。三瓶将廣は7位に終わった。

エリート男子(左より松下巽、ダニー・キャラグ、吉村)

また、男子ジュニアクラスでは、吉井康平が優勝。佐伯辰哉も2位に入り、日本勢ワンツーフィニッシュ。女子ジュニアクラスでは瀬古遥加が1位に入り、朝比奈綾香と山野本悠理が2位、3位と続き、日本代表が表彰台を独占した。

ジュニア男子(左より佐伯、吉井、Younghoi KOO)

ジュニア女子(左より朝比奈、瀬古、山野本)

エリート男子レース映像。撮影・映像提供:日本BMX協会

【男子エリート結果】
1. Daniel CALUAG (PHI)
2. 松下巽
3. 吉村樹希敢
7. 三瓶将廣

【女子エリート結果】
1. Liyun MA (CHN)
2. Yan LU (CHN)
3. Suyangzi WANG (CHN)
5. 飯端美樹
8. 三輪郁佳

【男子ジュニア結果】
1. 吉井康平
2. 佐伯辰哉
3. Younghoi KOO (KOR)
8. 池上悠斗

【女子ジュニア結果】
1. 瀬古遥加
2. 朝比奈綾香
3. 山野本悠里

NEW ENTRY