スポンサードリンク

リオ五輪前、国内UCIレース最終戦「2016ひたちなかBMX国際」ラウンド1は松下巽が優勝

Posted on: 2016.04.16
スポンサードリンク

16日、茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園にてUCI公認大会「2016ひたちなかBMX国際」が開幕。大会は2日間の日程で開催され、初日の男子エリートクラスでは、松下巽が(早稲田大学大学院/神奈川県)が優勝した。今大会は、リオデジャネイロオリンピック出場枠を獲得するためのUCIポイントを獲得できる大会で、選考期間内の日本国内で開催されるレースとしては当大会が最終戦となる。


男子エリート表彰式

■男子エリートクラスは松下巽が優勝
インドネシアとタイからのエントリーを含む19名によって行われた男子エリート。決勝では、松下巽がスタートからトップに立ち、吉村樹希敢の追い上げを振り切り優勝。2位には吉村樹希敢、3位は吉井康平が入った。全日本選手権5連覇中の長迫吉拓(MXインターナショナル/岡山県)は、中盤で失速し8位に終わった。


男子エリート決勝(#38が優勝の松下巽)

優勝 松下巽(早稲田大学大学院/神奈川県)
2位 吉村樹希敢(クレジットレーシング/大阪府)
3位 吉井康平(MXインターナショナル/東京都)

■男子ジュニア
6名の選手により争われた男子ジュニア。エントリー数が8名以下のため、通常は予選として争う3レースの合計結果で争う形式となった。すべてのレースで安定した強さを見せた山口大地(Yessファクトリー/新潟県)が、優勝を手にした。

優勝 山口大地(Yessファクトリー/新潟県)
2位 池上泰地(kuwahara/大阪府)
3位 杉山豪(埼玉県)


男子ジュニア決勝(優勝の山口大地)

■女子エリート、ジュニア
エントリー数がそれぞれのカテゴリーが成立する5名に満たなかったため、女子のレースはエリートとジュニアの混走で争われた。男子ジュニア同様に3レースの合計結果で争う形式で、エリートの瀬古遥加とジュニアの畠山紗英によるトップ争いが繰り広げられたが、3レースとも畠山がトップでゴール。

畠山は先日イギリスのマンチェスターで行われたワールドカップでも予選を通過するなど注目の選手で、今大会でも格上のクラス相手に強さを見せた。表彰および結果は、それぞれのクラス別となり、瀬古がエリートの優勝者、畠山がジュニアの優勝者となった。


女子エリート&ジュニア(#5がジュニア優勝の畠山、#119がエリート優勝の瀬古)

<女子エリート>
優勝 瀬古遥加(IRC TIRE/三重県)
2位 KHARISMA Novanda Elga(インドネシア)
3位 飯端美樹(SEレーシング/大阪府)

<女子ジュニア>
優勝 畠山紗英(神奈川県)
2位 KITWANITSATHIAN, Chutikan(タイ)

写真・情報提供:JCF BMX小委員会

NEW ENTRY