スポンサードリンク

日本最速を懸けた戦い2016全日本選手権トラックが東京五輪開催地「伊豆ベロドローム」で16日に開幕

Posted on: 2016.04.15
スポンサードリンク

東京オリンピックで自転車トラック競技の会場に決定した「伊豆ベロドローム」で、16日から2日間、トラック競技の全日本選手権が開催される。リオ五輪日本代表候補選手である、中川誠一郎、渡邉一成、脇本雄太、塚越さくらをはじめ、国内競輪王者、浅井康太や新田祐大ら、国内トップレベルのスピードマンがあつまり各競技で日本一の座をかけて戦うことになる。

今年はリオ五輪が開催されること、そして4年後に東京五輪が控えていることもあり、近年まれにみる豪華メンバーが伊豆ベロドロームに集結することになった。

【主な競技の注目選手】

<男子ケイリン/DAY1>
新田祐大(JPCU・福島) 2011年優勝
早坂秀悟(JPCU・宮城) 
河端朋之(JPCU・岡山) 2012年優勝
三谷竜生(JPCA) 
浅井康太(JPCA) ※2015競輪グランプリ優勝
柴崎淳(JPCA)

<男子スプリント/DAY2>
中川誠一郎(JPCU・熊本) 2015年優勝
河端朋之(JPCU・岡山) 2012・2013優勝
雨谷一樹(JPCU・栃木)
和田真久留(JPCU・神奈川)
谷口遼平(JPCA)
小原佑太(朝日大学)
野上竜太(鹿屋体育大学)

<1kmタイムトライアル/DAY1>
渡邉一成(JPCU・福島)
新田祐大(JPCU・福島) 2005・2007・2008・2010優勝
早坂秀悟(JPCU・宮城)
脇本雄太(JPCU・福井) 2014優勝
小原佑太(朝日大学)
野上竜太(鹿屋体育大学) 2015優勝

<女子ケイリン/DAY1>
加瀬加奈子(JPCU・新潟) 2012優勝
石井貴子(JPCU・千葉) 2015優勝
石井寛子(JPCU・東京) 2011・2013優勝
梶田舞(JPCU・栃木) ※2014ガールズグランプリ優勝
前田佳代乃(京都府自転車連盟) 
小林優香(JPCA) ※2015ガールズグランプリ優勝

<女子3km個人追抜き/DAY1>
梶原悠未(筑波大学)
鈴木奈央(静岡県自転車競技連盟)
塚越さくら(CIEL BLEU KANOYA) 2013・2014優勝
上野みなみ(CIEL BLEU KANOYA) 2012・2015優勝

◆その他の競技のエントリーリストはこちらから

◆大会スケジュールはこちらから

◆大会ホームページ

<2015年全日本トラック 男子短距離ダイジェスト>

<2015年全日本トラック 男子中距離ダイジェスト>

<2015年全日本トラック 女子ダイジェスト>

NEW ENTRY