スポンサードリンク

竹之内悠が大会4連覇、豊岡英子が3年ぶり女王奪還!全日本シクロクロス2014

Posted on: 2014.12.16
スポンサードリンク

12月14日、宮城県村田町スポーツランドSUGOで行われた、全日本シクロクロス選手権大会。男子エリートは竹之内悠(ベランクラシック・ドルチーニ)が大会4連覇。女子は2年ぶりに女王に返り咲いた豊岡英子(パナソニックレディース)が通算8度目の全日本チャンピオンとなった。

ー■初舞台「スポーツランドSUGO」の泥地獄
シクロクロス日本一を決める頂上決戦「全日本シクロクロス選手権」の舞台となった、スポーツランドSUGOは、モトクロスレースを使用した、1周2.7km。高低差は28mのコース。元シクロクロス全日本王者の三船雅彦氏が監修し、忍者返しと呼ばれる急勾配区間、スピードの出る舗装路の下り区間など、アップダウンも激しく、一周の獲得標高は100m近くになる。

大会当日は、雲の切れ間から時折太陽が顔をのぞくものの、雪がちらつき気温も氷点下になる厳しいコンディションとなった。それに加え、このコースの一番の特徴であるまとわりつくような粘土質の泥が選手たちを苦しめる。コース上に2カ所設置されたピットエリアでどれだけ泥のリスクを回避できるか、スタッフとの連携も勝敗を占うポイントとなった。


ピット作業も勝敗を左右するポイントとなる

ー■経験豊富な竹之内が大会4連覇を達成
大会一番の注目は、シクロクロス頂上決戦となるエリート男子。スタートラインに立った選手達はシューズになるべく泥がつかないよう神経をとがらせながら合図を待つ。出走は54名。寒風吹きすさぶ中、レースは始まった。

勢い良く54名の選手が飛び出す

スタートダッシュを決め、先頭に立ったのは竹之内悠(ベランクラシック・ドルチーニ)。それに今シーズン好調の山本和弘(弱虫ペダルシクロクロスチーム)、丸山厚(BOMA RACING)が続く。優勝候補に挙げられていた小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロス)はスタート直後、チェーントラブルによりバイクを降り、担がなくてはいけない状態に。また、竹之内に食らいついていた山本、丸山も共に1周目中盤で泥にバイクをとられ、先頭と大きく水をあけられる形となった。


スタート後すぐに先頭に立つ竹之内悠 

トラブルに見回れバイクを担ぐ小坂光

先頭に食らいつく山本和弘(左)門田基志(右)

単独先頭に立った竹之内は、路面状況を見極め、なるべくタイヤに泥がつかぬよう冷静にレースを進め、2番手に続く門田基志(TEAM GIANT)との差を広げ、3周回目を終了した時点で1分30秒のリードを築いたが、4周目に入り多くの選手を苦しめている泥が竹之内にも襲いかかる。自転車全体に泥がまとわりつき、まともにバイクを走らせる事ができず、ここで一気に差を縮められ30秒差まで門田との差は縮まる。


ピットでも激しい攻防が繰り広げられた

しかし、ピットでバイクを交換し、仕切り直しとなった竹之内が、ここから本領を発揮することとなった。トラブルとなった泥をバイクが拾わぬよう、なるべく他の選手のラインとは違うコースを走り、さらには、担ぐポイントを増やし冷静に対処し、再びリードを築いていく。後続から小坂、山本が追い上げてくる中、一人別次元の走りで快走する竹之内。最後はレースを楽しむ様な余裕さえうかがえた竹之内。後半は危なげない走りで大会4連覇を果たした。


ピット毎にバイクを交換する竹之内

後半はバイクを担ぐ場面も多くみられた
 
大きなガッツポーズとともにゴールした竹之内はレース後「ヨーロッパで走っていた経験が泥でのトラブルも冷静に判断することができた。勝たなくてはいけない大会で自分らしい走りができうれしい。来年の全日本選手権はさらに強くなって帰ってきたい」と語った。

大会4連覇を果たした竹之内

この後、竹之内は1ヶ月後にチェコで開催される世界選手権にむけコンディションをあげていくという。ヨーロッパに再び渡り、日の丸を胸にトップ20を目標に戦う事となる。


男子エリート表彰台

ー■エリート女子は豊岡英子が女王奪還
男子に先立ち行われた女子エリート。大会2連覇中の宮内佐季子(Team CHAINRING)、2011年まで7連覇を遂げていた豊岡英子(パナソニックレディース)の走りに注目が集まった。


レース序盤先頭争いをする豊岡と宮内

レース序盤、宮内と豊岡が抜きつ抜かれつの攻防を繰り返し、それに武田和佳(Team CHAINRING)が続くという展開。レースが動いたのは2周目後半。気温が若干あがり、自転車にまとわり付く泥の量が増え、両者ともピットで頻繁に自転車を交換せざるを得ない状況になる。そんな中、豊岡は自転車を担ぐ場面を増やす一方で、宮内は押して走ることを選択。これにより自転車につく泥の差がつき、走りのスピードにも影響することとなった。


豊岡の力強い走りが復活

豊岡は力強いペダリングで宮内との差を広げていく。今シーズン、ケガに苦しめられ、調整不足が懸念された豊岡だったが、気迫を全面に出した女王の走りは復活した。最終的に宮内に30秒以上の差をつけ勝利を確信。最終コーナーを立ち上がり観客の大声援の中、豊岡は涙を流しながら、勝利の喜びをかみしめゴールラインを駆け抜けた。


勝利の涙とともにゴールした豊岡

レース後、豊岡は「自分を支えてくれた多くのファン、スポンサー、そしてスタッフに感謝したい。女王へ復活できて本当に嬉しい。今日勝てたのは勝利への執念が人一倍強かったからだろう」と語った。


女子エリート表彰台

なお、男子アンダー23はスタート直後から飛び出し、独走した横山航太(シマノレーシング)が勝利。男子ジュニアは竹内遼(WESTBERG/ProRide)が2年ぶりにチャンピオンの座に輝いた。


男子アンダー23 優勝した横山航太


独走で勝利した 男子ジュニア竹内遼

【全日本シクロクロス 男子エリート 結果】
1位 竹之内悠(ベランクラシック・ドルチーニ)59’15”
2位 門田基志(TEAM GIANT)         +1’31”
3位 小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロス)+2’03”
4位 濱由嵩(SPEEDVAGEN CYCLOCROSS TEAM) +4’16”
5位 山本和弘(弱虫ペダルシクロクロスチーム)+4’38”
6位 山本聖吾(スワコレーシングチーム)   +4’43”
7位 合田正之(cycleclub3UP)       +5’11”
8位 小坂正則(スワコレーシングチーム)   -1Lap

【全日本シクロクロス 女子エリート 結果】
1位 豊岡英子(パナソニックレディース) 41’02”
2位 宮内佐季子(Team CHAINRING)   +35″
3位 武田和佳(Team CHAINRING)    +5’09”

【全日本シクロクロス 男子アンダー23 結果】
1位 横山航太(シマノレーシング)    47’46”
2位 前田公平(BIORACER OFFROAD TEAM)  +1’48”
3位 中原義貴(弱虫ペダルシクロクロスチーム)+5’49”

【全日本シクロクロス 男子ジュニア 結果】
1位 竹内遼(WESTBERG/ProRide) 37’06”
2位 山田将輝(PAX PROJECT)   +1’33”
3位 日野竜嘉(松山聖陵高校)   +2’45”

NEW ENTRY