スポンサードリンク

男女共に王者が貫禄の勝利。全日本シクロクロス選手権は竹之内と宮内が連覇達成!

Posted on: 2013.12.08
スポンサードリンク

12月8日、滋賀県マキノ高原で行われた全日本シクロクロス選手権は、竹之内悠(コルバ・スペラーノハム)が2位と57秒の大差をつけて独走勝利。3連覇を果たした。

エリート男子のレースは、緩斜面の高原に設置された2.72kmのコースを8周回。序盤からベルギーのコンチネンタルチーム「コルバ・スペラーノハム」に所属する竹之内悠と、宇都宮ブリッツェンシクロクロスチームの小坂光がデットヒートを繰り広げた。

しかし4周目、ピットゾーンを過ぎたあたりで小坂にバイクトラブルが発生。その隙に竹之内は距離を離し、そのまま後続と57秒差をつけ3冠を勝ち取った。

遅れを取った小坂は一時は3番手まで下がるものの最終的に沢田時(チームブリヂストン・アンカー)とのゴールスプリント勝負で2位となった。

またエリート女子は宮内佐季子(CLUBviento)が、2位に20秒以上の差をつけて2連覇を飾った。ロードチャンピオン、與那嶺恵理(チーム フォルツァ!)は、全日本シクロクロス選手権、初挑戦で2位に入った。

【エリート男子 結果】
優勝 竹之内悠(コルバ・スペラーノハム)
2位 小坂光(宇都宮ブリッツェンシクロクロス)
3位 沢田時(チームブリヂストンアンカー)

【エリート女子 結果】
優勝 宮内佐季子(CLUBviento)
2位 與那嶺恵理(チーム フォルツァ!)
3位 坂口聖香(パナソニックレディース)

【ジュニア 結果】
優勝 中井唯晶(瀬田工業高校)
2位 竹内遼(TEAM Pro Ride)
3位 山田将輝(Limited846/DIRT FREAK)

【男子エリート 速報ダイジェスト動画】

NEW ENTRY