スポンサードリンク

男女ともにチームTTで力発揮できず惜敗 アジア選手権初日 

Posted on: 2019.04.24
スポンサードリンク

ウズベキスタンで開幕したアジア選手権大会。初日はエリート男女のチームタイムトライアルが行われた。30km5ヶ国で争われた女子エリートは、出走した6名のローテーションが噛み合わず5位。

男子エリートは増田成幸の体調不良により5名の出走となり、9ヶ国中5位という結果に終わった。男女共ロードレースでの巻き返しを誓う。

男子エリート
5人の出走となった男子エリート

【チームTT 男子エリート(40km)結果】
優勝 カザフスタン. 44’16”99(54.2km/h)
2位 韓国 +1’24”24
3位 香港 +1’54”31
4位 モンゴル +1’55”95
5位 日本 +3’13”10
(窪木一茂/小石祐馬/松田祥位/大前翔/渡辺歩)
6位 マレーシア +3’39”80
7位 UAE +5’05”27
8位 ウズベキスタン +5’19”64
9位 イラン +8’46”56

女子エリート02
タイムが伸び悩んだ女子エリート

【チームTT女子エリート(30km)結果】
優勝 韓国 38’28”53(46.78km/h)
2位 カザフスタン +1’19”53
3位 香港 +1’57”67
4位 日本 +2’42”02
(牧瀬翼/樫木祥子/金子広美/唐見実世子/上野みなみ/梶原悠未)
5位 ウズベキスタン +4’29”63

NEW ENTRY