スポンサードリンク

スポンサードリンク

アジア選手権ロード2日目 個人T.T. 梶原悠未が銅メダル獲得

2月26日、アジア選手権2日目。エリート女子個人タイムトライアルに出場の梶原悠未(筑波大学)が銅メダルを獲得。ジュニア男子、蠣崎優仁(伊豆総合高校)は6位。下山美寿々(大阪教育大学附属天王寺高校)は4位という結果に終わった。

エリート女子の出走12名。最終走者の梶原は、中国の梁洪玉を追いかける形でレースを展開。初めてのエリートカテゴリーでの個人タイムトライアル。使用ギアの違い、事前に行われたアジア選手権トラック出場と準備期間の限られた中でのレースとなったが、しっかりと調整を行いトップから53秒差での銅メダル獲得となった。

レース後梶原は「日本チームとして選ばれた以上メダル獲得は絶対に逃してはいけないという気持ちで走った。ロードレースでは今日活躍して中国・韓国、そして香港などがライバルになると思うので、しっかりと相手選手を見てレースを進め金メダル獲得を目指したい」と語った。

【エリート女子 個人タイムトライアル(25.6km)結果】
1位 LIANG Hongyu(中国) 36’46”20(41.735km/h)
2位 LEE Jumi(韓国) 36’56”43
3位 梶原悠未(筑波大学) 37’42”17 

【ジュニア男子 個人タイムトライアル(25.6km)結果】
1位 CHZHAN Igor(カザフスタン) 34’29”63(44.53km/h)

2位 YU Ze(中国)       35’38”86

3位 SHODIEV Iskandarbek(ウズベキスタン) 36’02”08

6位 蠣崎優仁(伊豆総合高校)        37’04”68

【ジュニア女子 個人タイムトライアル(12.8km)結果】
1位 KANG Qiao(中国)         19’29”17(39.413km/h)

2位 KURNOSSOVA Marina(カザフスタン) 19’49”63

3位 SETIAWAN Liontin Evangelina(インドネシア)19’50”28

4位 下山美寿々(大阪教育大学附属天王寺高校) 20’06”77

タグ: , , , ,

NEW ENTRY