スポンサードリンク

BMXレースW杯第3戦 長迫吉拓が準決勝進出を惜しくも逃す!第4戦は同会場で6日に開催

Posted on: 2018.05.06
スポンサードリンク

5月5日、オランダ国立スポーツセンター「パペンダル」でBMXレースのワールドカップ第3戦が行われ、日本から13名が出場。長迫吉拓が1/4決勝に勝ち進んだものの、結果は6着で、今季のチームの目標でもある準決勝進出を果たすことができなかった。優勝は、男子はオランダのニック・キンマン(KIMMANN Niek)、女子は同じくオランダのローラ・スムルダー(SMULDERS Laura)が優勝し、ホームトラックのアドバンテージを活かしたオランダ勢が勝利を手にした。

photo:JCF

1/16決勝で次々と姿を消した日本代表。唯一勝ち上がったのはリオ五輪日本代表で日本王者の長迫吉拓だった。1/8決勝では、現世界チャンピオン、アメリカのシャラーと同組になるも、スタートから落ち着いたらレース運びで第1コーナーを4位で通過すると、さらに得意の第3ストレートで順位をあげ、3位でフィニッシュ。

4位までが決勝進出となる1/4決勝。インから4人目。4コースからのスタートとなった長迫吉拓は、スタートこそ出遅れ5位で第1コーナーを通過。その後、第3ストレートのリズム・セクションで4位に浮上し、準決勝進出ラインに浮上したものの、最終コーナーで後続の選手に内側に入られ、万事休す。6着で準決勝進出を逃した。第4戦は、5月6日に行われる。現地からのライブ配信は、20:30より開始予定。下記リンク先参照。

[男子リザルト]
■1/4決勝敗退
6着 長迫 吉拓 (岡山/MXインターナショナル)
 1/16決勝3着・1/8決勝3着・1/4決勝6着

■1/16決勝敗退
中井 飛馬 (新潟/日本体育大学荏原高等学校)
吉村 樹希敢 (大阪/Gan Trigger)
松下 巽 (神奈川/ 全日空商事株式会社)
吉井 康平 (東京/フォスター電機株式会社)
山口 大地 (新潟/早稲田大学)
池上 泰地 (大阪/クワハラバイクワークス)
島田 遼 (広島/近畿大学泉州高等学校)

■1回戦敗退
増田 優一 (大阪/大阪偕星学園高等学校)

[女子リザルト]
■1/8決勝敗退
畠山 紗英 (神奈川/日本体育大学)
丹野 夏波 (神奈川/白鵬女子高等学校)

■1回戦敗退
永禮 美瑠 (愛知/西陵高等学校)
早川 優衣 (広島/興譲館高等学校)

▷ワールドカップ第4戦(日本時間5月6日(日)20:30開始予定)

NEW ENTRY