スポンサードリンク

日本代表13名参戦!BMXレースW杯第3−4戦がオランダで5日に開幕!

Posted on: 2018.05.04
スポンサードリンク

3月末に開幕した「2018 UCI BMXスーパークロスワールドカップシリーズ」の第3−4戦が、5月5日よりオランダ・パペンダルにて開催。日本からは長迫吉拓、吉村樹希敢、中井飛馬、畠山紗英等、国内トップレーサー男女総勢13名が参戦する。

■ワールドカップシリーズ第1−2戦を振り返って
過去最大参加者数となった第1−2戦フランス大会での日本チーム全体成績は、第1戦にてUCIジュニアランキング1位の中井飛馬が35位、第2戦はオフシーズンをトラック競技ナショナルチームと共にビルドアップをはかってきた長迫吉拓の38位が最高位となり、目標とする準決勝進出へは届かなかった。

一方で、第1戦終了時点でのUCIワールドカップランキング、ジュニア部門(BMXスーパークロスワールドカップシリーズではジュニアとエリートカテゴリーが混走にて行われる)では、中井飛馬と永禮美瑠がそれぞれジュニアベストリザルトを残し、リーダーズナンバープレートを装着しての参戦となっている。

日本代表としては、今シーズンのチーム目標として、準決勝進出(トップ16位)をあげ、来年以降、コンスタントにUCIポイントを獲得するために、今シーズンを準備の1年と位置づけている。

■第3-4戦の舞台は、オランダチームのホーム、パペンダル
今大会のレース会場となるパペンダルは、オランダのオリンピックトレーニングセンターにも位置づけられており、施設内にはリオ五輪レプリカコースが常設されている。

2011年から毎年ワールドカップシリーズを招致し、今年で8年連続の開催となり、各国が戦力的に事前調整を行ってきている。日本選手団は4月24日より現地入りし、実際の大会コースにて事前調整を行い、5日から始まる第3−4戦に挑んでいく。

■日本代表 主な選手コメント
▷長迫吉拓・・・2017年全日本選手権大会男子エリート優勝者
「この1ヶ月間で、オフシーズンに実践したトラックチームでのトレーニングを、うまくBMXレースへ繋げることができたと感じています。過去に決勝進出を決めているコースでもあるので、着実に勝ち進んで行きたいです。」

フランス大会以降、拠点をここパペンダルに置き、1ヶ月間のトレーニングを積んできた長迫吉拓は、4月29−30日に参戦したUECヨーロピアンカップ第5−6戦でも両日ともに決勝進出を果たしている。

▷中井飛馬・・・2017年全日本選手権大会 男子ジュニア優勝者
「パペンダルでのレースは初めてになりますが、フランス大会同様にエリート選手との混走が楽しみですし、食らいついて行きたいと思っています。6月に控える世界選手権大会へ向けても、最終の実践練習として課題修正を行っていきます。」

中井は、長迫同様、ヨーロピアンカップではジュニアカテゴリーで決勝進出を果たし、3位表彰台も獲得している。

▷畠山紗英・・・2017年全日本選手権大会女子ジュニア優勝者
「昨シーズンは準決勝止まりだったので、今シーズンは決勝進出を目標としています。オフシーズン、そして3月からのスイスでのトレーニング成果の結果が
楽しみです。」

畠山は昨年同様、今シーズンもUCIワールドサイクリングセンター(スイス・エイグル)を拠点に、シーズンインに向けた最終調整を行ってきた。第1−2戦はコンディションが整わず欠場となったため、今大会が2018年の初戦となる。

【W杯第3戦-第4戦日本代表出場メンバー】

[男子]
中井 飛馬 (新潟/日本体育大学荏原高等学校)
吉村 樹希敢 (大阪/Gan Trigger)
長迫 吉拓 (岡山/MXインターナショナル)
松下 巽 (神奈川/ 全日空商事株式会社)
吉井 康平 (東京/フォスター電機株式会社)
山口 大地 (新潟/早稲田大学)
池上 泰地 (大阪/クワハラバイクワークス)
島田 遼 (広島/近畿大学泉州高等学校)
増田 優一 (大阪/大阪偕星学園高等学校)

[女子]
畠山 紗英 (神奈川/日本体育大学)
永禮 美瑠 (愛知/西陵高等学校)
丹野 夏波 (神奈川/白鵬女子高等学校)
早川 優衣 (広島/興譲館高等学校)

■ライブ放送
▷ワールドカップ第3戦(日本時間5月5日(土)20:30開始予定)

▷ワールドカップ第4戦(日本時間5月6日(日)20:30開始予定)

(情報・写真提供:JCFプレスリリース)

NEW ENTRY