スポンサードリンク

BMX世界選が21日にベルギーで開幕!エース長迫が2年ぶりの決勝進出を目指す

Posted on: 2015.07.14
スポンサードリンク

BMXレースの世界一決定戦、UCI世界選手権が今年はベルギー北東部の街、ゾルダーで21日〜25日に開催される。チャンピオンシップクラス(エリート/ジュニア)で世界に挑む日本代表選手は男女合わせて6選手。全日本選手権5連覇、日本の絶対エース、長迫吉拓(モトクロスインターナショナル/HARO)をはじめ、リオオリンピック出場を目指すライダー達が選出された。


写真左から瀬古遥加/吉井康平/長谷川湧斗/吉村樹希敢/山口大地(photo:三瓶将廣)

代表選手は12日、ベルギーに入り、大会会場で練習を行った後、フランスサイクリングセンターにあるスーパークロスコース(SXコース)で練習を行い、レースまで各ローカルトラックなどで調整を行う予定だ。また、長迫は拠点のスイスで直前まで調整し、大会直前に日本代表に合流する。

長迫は、2013年の世界選手権で日本人初のファイナリストとなり、日本のBMX界に新たな金字塔を打ち立てた。さらに、昨年はワールドカップでも決勝に進出し、UCIのクラス1カテゴリーのレースで表彰台に9度たつなど、世界の頂点をしっかりと視野に入れた。

しかし、オリンピックを翌年に控えた2015シーズンイン直前の2月、長迫は肩の脱臼癖を治すため手術を決意。シーズンインが遅れたものの、術後のリハビリが順調にいき、しっかりと世界の第1線に戻ってきた。

そして7月5日に行われた全日本選手権では、前人未到の5連覇を達成し調子の良さをアピールした長迫は「再び、世界選手権で決勝進出を目指して頑張ります」と力強いコメントを残し日本をあとにした。


写真中央、5連覇を果たした長迫吉拓(photo:JBMXF)

なお、5歳クラスからカテゴリーが設けられたチャレンジクラスのレースは、21日から23日に行われる。全世界からおよそ3000名がエントリーし、各カテゴリーで世界一が決定する。

■大会オフィシャル映像
4分38秒には長迫のインタビューもあり、世界からの注目度が伺える。

■世界選手権で使用されるコース

詳細:http://www.uci.ch/bmx/news/article/the-2015-uci-bmx-world-championships-race-track-official/

■2015年UCI BMX世界選手権日本代表選手
開催地:ベルギー・ゾルダー)
開催期間:7月21日(金)~25日(土)

<選手>
・男子エリート:
長迫 吉拓(岡山)
吉村樹希敢(大阪)
吉井 康平(東京)
・女子エリート:
瀬古 遥加(三重)
・男子ジュニア:
山口 大地(新潟)
長谷川湧斗(茨城)

コーチ:三瓶 将廣(JCF強化コーチ)

関連リンク:http://www.uci.ch/bmx/

NEW ENTRY