スポンサードリンク

全日本BMX選手権 長迫吉拓が前人未踏の5連覇達成

Posted on: 2015.07.06
スポンサードリンク

7月5日に国営ひたち海浜公園BMXコースで第32回全日本BMX選手権大会が開催され、男子エリートでは長迫吉拓が5連覇を達成した。


(エリート男子優勝の長迫吉拓/993、2位の吉村樹希敢/27)

2011年の広島大会から連覇を続けている長迫吉拓は、2013年の世界選手権では日本人としてはじめて世界選手権で決勝に進出するなど、名実共に日本の絶対的エースへと成長した。

予選から安定した走りで終始レースをコントロールしていた長迫。決勝でも第1コーナーをトップで立ち上がると、猛追した吉村樹希敢を振り切って、前人未踏の5連覇を達成し、自身のもつ記録を伸ばした。2位には吉村が、3位には松下巽が入った。

男子ジュニアでは今季よりジュニアにステップアップした山口大地が圧倒的な強さを見せつけ、タイトルを獲得。15歳以上ガールズクラスと女子エリートの混走で争われた女子トップカテゴリーのレースでは、女子エリートの瀬古遥加が15歳以上ガールズの畠山紗英に敗れる波乱があり、次世代選手の実力を感じさせる結果となった。尚、規定により全日本タイトルは瀬古遥加が獲得している。


カテゴリー混走となった女子。トップ畠山紗英を瀬古遥加が追走

最後は独走となった山口大地

【男子エリート 結果】
1位 長迫 吉拓 モトクロスインターナショナルHARO
2位 吉村樹希敢 Credit racing
3位 松下 巽  早稲田大学大学院

【女子エリート結果】
1位 瀬古 遥加 IRC TIRE
2位 飯端 美樹 SE Racing

【男子ジュニア 結果】
1位 山口 大地 Yessファクトリーチーム
2位 橋本 蓮  茨城
3位 石井 友也 神奈川

前日、4日に行われたタイムトライアルでも長迫、山口、瀬古は優勝し、それぞれ2冠に輝いた。

◆Movie:DAY1 タイムトライアル

【男子エリートタイムトライアル結果】
1 長迫 吉拓 モトクロスインターナショナルHARO 33.910
2 吉村 樹希敢 Credit racing 34.520
3 松下 巽 早稲田大学大学院 35.560

【男子ジュニアタイムトライアル結果】
1 山口 大地 Yessファクトリーチーム 34.270
2 長谷川湧斗 茨城県BMX協会 37.420
3 石井 友也 神奈川県BMX協会 38.130

【女子エリートタイムトライアル結果】
1 瀬古 遥加 IRC TIRE 38.450
2 飯端 美樹 SE Racing 42.570

【Girls15+タイムトライアル結果】
1 畠山 紗英 神奈川県BMX協会 39.210
2 丹野 夏波 神奈川県BMX協会 39.260
3 永禮 美瑠 中部BMX協会 40.000

写真・情報:JBMXF(http://www.jbmxf.org/)

NEW ENTRY