スポンサードリンク

新城幸也が落車で上腕骨と肋骨を骨折「早く復帰できるように治療に励みます」

Posted on: 2015.04.27
スポンサードリンク

4月26日、春のクラシックのクライマックス『リエージユ~バストーニュ~リエージュ』が行われ、新城幸也はレース中盤までエースピエール・ローランのアシストとして献身的な動きをみせたが、残り40キロで落車に巻き込まれリタイア。その後、病院に運ばれ上腕骨と肋骨の骨折と診断された。レースはアレハンドロ・バルベルデ(モビスター)がクラシック2連勝を果たした。

リエージユ〜バストーニュ〜リエージュ(253km)は、最高峰レースカテゴリー「UCIワールドツアー」の中で、ベルギーアルデンヌ地方を中心に開催される3つのレース、アルデンヌクラシック3連戦の最終戦。

前半から集団を積極的に牽き、レースの主導権を握るという作戦がだされたチームヨーロッパカーは、ピエール・ローランを中心に、新城がサブエースと言う立場で挑んだ。最後までピエールと一緒にゴールに備えるというオーダー通り、新城ら、チームメイトが集団を牽引し、ピエールのアシストに徹していた。


集団を牽引するチームヨーロッパカー(Photo Miwa IIJIMA)

ゴールまで残り50kmを残し、集団が絞られ、集団内にエース格の選手が多く含まれる中、ヨーロッパカーはピエール、新城、そして、キャプテンのトマ・ヴォクレールの3人を残すという有利な展開で最終局面を迎えた。


好調だった新城(Photo Miwa IIJIMA)

しかし、残り40kmでメイン集団で落車が発生し、時速70キロの下りでの落車に新城とピエールが巻き込まれた。新城は路肩を飛び越え草むらまで飛ばされ、起き上がることも動くこともできない状況のまま、レースに同行する救急車で病院に搬送された。

検査の結果、上腕骨と肋骨の骨折と診断され、翌日大きな病院でさらに詳しく検査を行う予定だ。

新城は「今日のレースはチームワークも素晴らしくて、自分たちのレースが出来ていたのに、このような結果になり、本当に残念だ。日本からもたくさんのメッセージを頂き、ありがとうございます。ご心配をおかけしてスイマセン。怪我を負った箇所以外は元気です。一日も早く復帰できるように、治療に励みます。」とコメントを残した


レース直後病院に運ばれた新城(Photo Miwa IIJIMA)

手術ができない場所ということもあり、しばらくはギブスで固定して安静を余儀なくされ、予定していた28日からのツール・ド・ロマンディは無念の欠場となる。

(記事:TeamEuropcar  Miwa IIJIMA)

NEW ENTRY