スポンサードリンク

スポンサードリンク

歓喜のゴール映像!ネイサン・ハースが2度目のジャパンカップ制覇

19日、栃木県宇都宮森林公園でアジア最高峰のワンデイレース「ジャパンカップ」が行われ、ガーミン・シャープのネイサン・ハース(オーストラリア)が9人でのスプリント勝負を制し優勝。2011年以来3年ぶり2度目のジャパンカップ制覇となった。日本選手は、別府史之(トレックファクトリーレーシング)の14位が最高位。

晴天に恵まれた宇都宮森林公園に集まったファンの数は80,000人。過去最高の観客動員数を記録したレースには、海外のトップ選手をはじめ、別府史之や新城幸也(チームヨーロッパカー)といった日本人トップレーサーが一同に集まった。

レースは、1周目でダレン・ラプトーン(オーストラリア、ドラパック)、阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)、ホセ・ビセンテ(チーム右京)、山本元喜(ヴィーニファンティーニNIPPO)の4名の逃げが決まった。

その後、UCIプロチームが中心となってコントロールするメイン集団は最大5分差を維持して、終盤戦へ。

レースが大きく動き出したのは、残り2周を切ってから。一気にペースアップした集団は、徐々に数を減らし、最終的に9人に絞られた。そして、スプリント勝負となったゴール争いをネイサン・ハースが制し、3年ぶり2度目のジャパンカップ制覇となった。

【2014ジャパンカップ結果】
優勝 ネイサン・ハース(オーストラリア/ガーミン・シャープ)        
2位 エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー/チームスカイ)
3位 グレガ・ボレ(スロベニア/ヴィーニファンティーニNIPPO)
4位 ミカエル・アンデルセン(デンマーク/ティンコフ・サクソ)           
5位 ジュリアン・アレドンド(コロンビア/トレックファクトリーレーシング)
14位 別府史之(日本/トレックファクトリーレーシング)

■すべてのリザルトはジャパンカップ公式サイトへ
http://www.japancup.gr.jp/node/2039

タグ: , , , ,

NEW ENTRY