スポンサードリンク

2014BMX世界選 タイムトライアルで長迫吉拓が23位

Posted on: 2014.07.27
スポンサードリンク

オランダ・ロッテルダムで開催されている2014 UCI BMX世界選手権大会は、26日にチャンピオンシップカテゴリーのレースがスタートし、タイムトライアルが行われた。日本チームでトップタイムを記録したのは長迫吉拓(岡山/MX インターナショナル)。トップと0.820秒差。16位とのタイム差が0.142秒の23位と僅差でスーパーファイナル進出を逃した。


タイムトライアル男子エリート 23 位の長迫吉拓

スーパーファイナルは全選手のタイムトライアル後、エリート16人、ジュニア8人の上位者で行われ、優勝者はBMXタイムトライアルの世界王者となる。

女子エリートは山野本悠里が34位、男子ジュニアは池上悠斗が62位、女子ジュニアは瀬古遥加が14位にそれぞれ入った。

27日はチャンピオンシップのレースが開催され、タイムトライアルに出走した日本人選手はすべて出場する。前年大会のレースで日本人初の決勝進出を果たし7位に入賞した長迫吉拓のさらなる順位アップなどが期待される。

【タイムトライアル結果】
<男子エリート>
23位 長迫吉拓 (岡山/MX インターナショナル)
76位 吉村樹希敢 (大阪)
88位 松下巽 (神奈川/早稲田大学大学院)
<女子エリート>
34位 山野本悠里 (広島)
<男子ジュニア>
62位 池上悠斗 (大阪)
74位 松村和真 (大阪)
DNS 橋本蓮 (茨城)
<女子ジュニア>
14位 瀬古遥加 (三重/Groovy Factory Team)

●LIVE配信
Red Bull TV 7月27日21:20〜24:00

●国際自転車競技連合(UCI)BMX 世界選手権のページ

●大会オフィシャルサイト

【関連動画:日本代表インタビュー】

NEW ENTRY