スポンサードリンク

Jプロツアー第7戦栂池高原ヒルクライム ホセ・ビセンテが増田成幸との一騎打ちを制す

Posted on: 2014.06.09
スポンサードリンク

国内ロードレースシリーズの最高峰「Jプロツアー」の第7戦が、6月8日、長野県栂池高原の特設コースで行われ、増田成幸(宇都宮ブリッツェン)との一騎打ちを制したホセ・ビセンテ(チーム右京)が最後は独走で優勝した。


圧倒的な登坂力で優勝したホセ・ビセンテ(チーム右京)

距離17.1km、標高差1.200m、平均7%勾配の栂池高原ヒルクライムは、序盤の10%の上りのあと平坦となり、ふたたび上りに転じるペース配分の難しいコースだ。当日朝は曇りだったがしだいに晴れ間も覗く天候へ。

UCIステージレースの連戦でチーム右京の好調さが光る中、栂池のコースレコード48分20秒を持つ増田成幸(宇都宮ブリッツェン)も、ここまでのステージレースで総合上位に入り、注目の選手の一人にあげられた。

序盤から、48分22秒の記録を持つ狩野智也(チーム右京)と土井雪広(チーム右京)が牽引すると、集団は一気に分裂していく。


 スタート後、ペースを上げる狩野智也(チーム右京)

 栂池高原を走る第2集団

旅館街へ入るときには、先頭グループは、ホセ・ビセンテ(チーム右京)、増田、ガルシア・リカルド(チーム右京)、土井の4人へと絞られていく。さらにその後、ホセ・ビセンテが先頭固定でペースを上げていくと、3.5km地点で土井とリカルドが脱落。増田だけがそのペースについていき、先頭は早くも2人となった。


7.5km地点、先頭の増田成幸(宇都宮ブリッツェン)とホセ・ビセンテ(チーム右京)

先頭の2人では、ホセ・ビセンテが先頭を引く時間が長い。増田も食らいつくが、12km地点でホセ・ビセンテが単独となるとそのまま逃げ切って優勝。いっぽうで後方から追い上げた武末真和(ロヂャースレーシングチーム)が4位に入る健闘を見せた。


ホセ・ビセンテ(チーム右京)が49分29秒で優勝

【2014Jプロツアー第7戦 結果】
1位 ホセ・ビセンテ(チーム右京)49分29秒
2位 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)+33秒
3位 ガルシア・リカルド(チーム右京)+50秒
4位 武末真和(ロヂャースレーシングチーム)+1分13秒
5位 佐野淳哉(那須ブラーゼン)+1分33秒
6位 土井雪広(チーム右京)+2分03秒

表彰台

Jプロツアーリーダー ガルシア・リカルド(チーム右京)
U23リーダー 雨澤毅明(那須ブラーゼン)

【文・写真提供:JBCF 一般社団法人 全日本実業団自転車競技連盟】

NEW ENTRY