スポンサードリンク

スポンサードリンク

女性レーサーたちの頂上決戦。2014全日本選手権トラック〜女子ダイジェスト〜

4月19日〜20日、福島県泉崎国際サイクルスタジアムで、2014全日本選手権トラック・レースがが開催され、男女合わせて全18種目で、今年の日本一が決定した。

女子短距離では、ロンドン五輪日本代表の前田佳代乃がスプリントで6連覇を達成。また中距離では3km個人パーシュートで塚越さくらが2連覇。ポイントレースでは上野みなみが2連覇を達成するなど、鹿屋体育大学出身の女性レーサーたちが存在感をみせた。また、短距離では石井貴子、小林優香など、若きスプリンター達の登場が、女子トラック界に活気をもらたした。今回は、女子全7種目をダイジェストで紹介する。

【関連記事】
■寒風決戦、全日本トラック初日。ケイリンは渡邉一成が2連覇!鹿屋体育大学4種目制覇
■全日本トラック閉幕 地元の渡邉一成がスプリントを制し2冠。鹿屋体育大学が全7種目を制覇

タグ: , , , ,

NEW ENTRY