スポンサードリンク

TOJ第6ステージ 愛三の西谷が最終戦を制す!NIPPOのバリアーニは総合2連覇

Posted on: 2013.05.26
スポンサードリンク

5月26日、東京、大井ふ頭で行なわた第16回ツアーオブジャパン、最終第6ステージは、愛三工業レーシングチームの西谷泰治がゴールスプリントを制して優勝。第1ステージに続き、今大会ステージ2勝目をあげた。また、個人総合はチームNIPPOのフォルッナート・バリアーニが首位を守り、昨年に続き2連覇を果たした。

ツアーオブジャパン最終ステージは、東京・日比谷公園前を11時にスタート。その後、集団は、戦いの舞台大井ふ頭周回コースへパレードで移動し、ローリングスタートをきった。レースは、大井ふ頭に設けられた1周7kmのオールフラットのコースを14周回。例年、ゴールスプリントで勝負が決する、スプリンター有利のコース設定。

序盤からアタック合戦が繰り返された後、宇都宮ブリッツェンの中村誠が単独アタックを成功させる。後続のメイングループとの差を最大1分30秒まで広げ、中村は会場に詰めかけた大勢のファンの声援を受けて懸命に逃げ切りを狙う。

しかし、総合リーダーチーム、NIPPOのコントロールするメイングループが終盤に入りペースアップすると、残り2周でついに中村を吸収。数人のアタックが繰り返されるも、再び1つの集団となって、ゴールスプリントへと移っていった。

残り300mを切り、ランプレのマキシミリア・リケーゼが先行するも、その後ろで足を貯めていた西谷(愛三)がゴール前で交わし優勝。昨年の東京ステージに続き、2年連続で最終ステージを制した。


今大会ステージ2勝目を果たした西谷泰治 (C) TOUR OF JAPAN 2013

西谷のコメント
「体調が悪く、熱があったためにレースに出場するか悩んでいたが、昨日からたくさんのファンに声をかけられ、背中を押され、走ることを決意しました。レース中は体力温存につとめ、ゴールスプリントに狙いを定め、勝つことができました。最後にしっかりと勝つことができてよかったです。」

最終ステージ終了時点で総合順位に変動はなく、チームNIPPOのフォルッナート・バリアーニがグリーンジャージを守り総合2連覇を果たした。またチームNIPPOは「チーム総合」と「新人賞(ジュリアン・アレドンド)」も獲得し、3冠でレースを終えた。

バリアーニのコメント
「今回、ステージ優勝はできなかったけど、昨年に続きグリーンジャージ(個人総合時間賞)を手にできてうれしいです。(昨年よりも)とてもレベルの高い戦いで、勝ち抜くことはとても大変でしたが、(昨年の経験があったので)落ち着いてレースに臨めました。我々のチームにいる日本人選手たちも素晴らしいアシストをしてくれました。全体的に日本人選手のレベルも上がってきていていると思います。」


各賞の受賞者 写真右から2番目が総合優勝のF.バリアーニ (C) TOUR OF JAPAN 2013

【2013ツアーオブジャパン最終結果】
区間賞  西谷泰治(愛三工業レーシングチーム)
個人総合時間賞 フォルッナート・バリアーニ(チームNIPPO)
ポイント賞  ピエールパオロ・デ ネグリ(ヴィー二ファンティー二)
山岳賞  ダビデ・ヴィガノ(ランプレ・メリダ)
新人賞  ジュリアン・デービット・アレドンド(チームNIPPO)

西谷が制した東京ステージのゴールシーン

NEW ENTRY