スポンサードリンク

TOJ第5ステージ ネイサン・アールがスプリントを制し、ジェネシスが2連勝

Posted on: 2013.05.25
スポンサードリンク

第16回ツアー・オブ・ジャパンは5月25日、静岡県伊豆市のサイクルスポーツセンターを舞台に第5ステージを迎え、ヒューオン・サーモン・ジェネシスのネイサン・アールが、20名程のゴールスプリントを制し優勝した。ジェネシスは、昨日の富士山ステージに続き、ステージ2連勝。また総合トップのフォルッナート・バリアーニ(チームNIPPO)は先頭グループでゴールし、グリーンジャージをキープ。この日の日本人最高位は、西薗良太の5位だった。

静岡県伊豆市に構える、自転車の一大拠点「日本サイクルスポーツセンター」。会場は、朝から雲に覆われ、肌寒い気候の中、スタートの準備が進められた。しかし、9時半のスタート前に、地元高校生による太鼓のパフォーマンスが鳴り響くと同時に、陽がさし、一気に気温が上昇。過酷なレースを予感させることとなった。

コースは、サイクルスポーツセンター内に設けられた12.2kmのコースを12周回。アップダウンが激しく、テクニカルなコーナーが続くタフなコース。そこで行なわれる146kmのレースが、選手たちの気を引き締めていく。

レースは、1周目から6名の先頭グループが形成される。メンバーは、ブリヂストンアンカーの清水都貴と井上和郎、チーム右京の山下貴宏、日本ナショナルチームの寺崎武郎、ドラパックサイクリングのウィリアム・ウォーカー、そして、OCBCシンガポールのトマス・ラボウ。

メイン集団をコントロールするのは、リーダージャージを着るF.バリアーニ率いるチームNIPPOとヴィーニファンティーニ。トップと3分程のタイム差をキープし、レースは膠着状態のまま後編戦へ移る。

レースが動き出したのは8周目。メイングループが徐々にペースアップをはかる中、トップグループで、清水がペースアップ。結果、9周目で先頭は清水とトマス・ラボウの2人に絞られる。

しかし、メイングループとの勢いの差は歴然。プロトンは11周目で先頭の2人を捕らえ、30名ほどの集団になって最終週回を迎える。その後、最終的に20名まで絞られた集団内でゴールスプリントが行なわれ、残り150mで抜けだした、ネイサン・アール(ヒューオンサーモン・ジェネシス)がステージ優勝を果たした。

リーダージャージを着るチームNIPPOのフォルッナート・バリアーニは先頭集団内でゴールし、総合トップを守った。日本人最高位は、チャンピオンシステムの西薗良太の5位。総合で3分46秒遅れの6位につけている。


ゴールスプリントを制したジェネシスのネイサン・アール (C)TOJ2013

区間賞  ネイサン・アール(ヒューオン・サーモン・ジェネシス)
個人総合時間賞 フォルッナート・バリアーニ(チームNIPPO)
ポイント賞  ピエールパオロ・デ ネグリ(ヴィー二ファンティー二)
山岳賞  ダビデ・ヴィガノ(ランプレ・メリダ)
新人賞  ジュリアン・デービット・アレドンド(チームNIPPO)

NEW ENTRY