スポンサードリンク

トラック世界選初日 団体追い抜きは男女共に予選通過ならず スクラッチで鈴木奈央が4位

Posted on: 2018.03.01
スポンサードリンク

オランダで2月28日に開幕した自転車トラック競技の世界選手権。大会初日、団体追い抜きの予選に出場した日本チームは、男女ともに9位で予選敗退。チームスプリントでは44秒240で予選通過を果たしたものの、1回戦で雨谷が2度のフライングスタートを犯し失格となった。また女子スクラッチに出場した鈴木奈央は後続集団の先頭でフィニッシュし4位に入った。


好タイムを叩き出すも、予選9位で惜しくも1回戦進出ならなかった男子団体追い抜き。


女子団体追い抜きは、終盤で中村妃智がスリップして落車。3人となったチームはタイムが伸びず予選通過ならなかった。


男子チームスプリントは予選を7位で通過したものの、1回戦で雨谷がフライングを2回犯してしまいバンクから降りることになった。


スクラッチに出場した鈴木奈央は、集団後方で脚をためて残り5周から前を伺うも、先頭で逃げるオランダのWILDが独走勝利。後続集団の先頭でフィニッシュラインをきった鈴木は4位でレースを終えた。

<女子団体追い抜き 予選結果>
1位 アメリカ 4分18秒836
9位日本 梶原悠未/古山希絵/橋本優弥/中村妃智 4分30秒955

<男子団体追い抜き 予選結果>
1位 イギリス 3分55秒714
9位 日本 (一丸尚伍/近谷涼/今村駿介/沢田桂太郎) 4分1秒753

<男子チームスプリント 結果>
優勝 オランダ 42秒727
2位 イギリス 43秒231
3位 フランス 43秒373
8位 日本(雨谷一樹/新田祐大/渡邉一成)

<女子スクラッチ>
優勝 WILD Kirsten(オランダ)
4位 鈴木奈央

■リザルト詳細
http://www.tissottiming.com/2018/ctrwch/ja-jp/Default/

NEW ENTRY