スポンサードリンク

ジュニア世代が躍進!アジア選手権ロードレースで女子は下山美寿々が金、男子は花田が銅

Posted on: 2016.01.22
スポンサードリンク

1月22日、伊豆大島で行われているアジア自転車競技選手権は大会3日目、女子ジュニアロードレースで下山美寿々(大阪教育附属高校)が金、細谷夢菜(浦和工業高校)が銅メダルを獲得。男子ジュニアでは花田聖誠(昭和第一学園高校)が銅メダルを獲得した。


金・銅メダルを獲得したジュニア女子

ロードレースの舞台は東京都・大島市庁舎をスタート・フィニッシュ地点とする1周11.9kmの周回コース。1周の獲得標高は191m、標高差は167m。三原山に向かう山道、タイムトライアルでも使用された、風の影響のある海岸線沿いを巡るコースとなっている。

ロードレースの皮切りとなった女子ジュニアは6周回71.4kmで争われた。15名がエントリーし、日本から細谷、下山の2名が出場。レース序盤1周目に下山と台湾のチャンティンティンの2名が集団から飛び出し逃げグループを形成し、周回を重ねて行く。


ローテーションしながら逃げる2人

後続集団から数名が飛び出すものの、先頭とのタイム差は徐々に広がり、細谷は香港チームがひくメイン集団内でレースを進めて行くこととなる。


メイン集団内の細谷

結局2人は60km近く逃げ続け、勝負の行方はスプリントへ。残り100mまで力を温存した下山は伸びのあるスプリントで優勝。また5名となった後続集団では細谷がスプリントで制し3位に入った。

レース後下山は「自分が自信のある上りで勝負するため最終周回にしかけたが、うまくゆかずスプリント勝負へと切り替え優勝することができた。今後アジアチャンピオンとして強いレースをしていきたい」と語った。


レース後互いの健闘をたたえ合う表彰台

【女子ジュニア ハイライト動画】

女子ジュニアで下山美寿々がアジアチャンピオン

【ニュース】ジュニア世代が躍進!アジア選手権ロードレースで女子は下山美寿々が金、男子は花田が銅

ジュニア世代が躍進!アジア選手権ロードレースで女子は下山美寿々が金、男子は花田が銅

伊豆大島で行われているアジア選手権は22日、女子ジュニアの下山美寿々選手(大阪教育附属高校)がスプリントを制して金。また後続集団の先頭でゴールした細谷夢菜選手(浦和工業高校)が銅メダルを獲得しました!

Posted by シクロチャンネル on 2016年1月22日

ー■男子ジュニアは花田聖誠が銅メダル獲得
ジュニア男子は9周回107.1kmで争われ日本からは渡邉歩(学法石川高校)、花田聖誠(昭和第一学園高校)、小野寛斗(横浜高校)吉岡衛(奈良北高校)の4名が出場。

ネイションズカップでも活躍するカザフスタンを中心にレースが進み、日本勢も集団牽引・積極的なアタックと攻撃を繰り返すものの決定的な動きをとれない。レースは残り2周で集団から飛び出し、最終的に2人となったスプリントを制したカザフスタンのディンムハメド・ウルズバエフが優勝を飾った。7名となった後続集団内のスプリントでは花田が先着し3位となった。


積極的なレース運びをした日本チーム


最終スプリントは2名となったジュニア男子


ジュニア男子表彰台

【男子ジュニア ハイライト動画】

【アジア選手権3日目 結果】

<ジュニア女子 ロードレース(71.4km)>

1位 下山美寿々(大阪教育附属高校) 2時間13分09秒

2位 チャン・ティンティン(台湾) +0秒

3位 細谷夢菜(浦和工業高校) +6分46秒

<ジュニア男子 ロードレース(107.1km)>

1位 ディンムハメッド・ウルズバエフ(カザフスタン) 2時間50分23秒
2位 タイ・ファンホアン(ベトナム) +0秒
3位 花田聖誠(昭和第一学園高校) +1分11秒

NEW ENTRY