スポンサードリンク

YBP PROJECT「レジェンドライダーが続々登場!BMXを生んだMONGOOSEの歴史が詰まったMovieがたまらない」

Posted on: 2015.11.22
スポンサードリンク

僕、栗瀬裕太が長年BMX・MTBのライダー業でサポートを受けて来ている老舗バイクブランド「mongoose」の歴史がビッシリ詰まったニュームービーHISTORY OF MONGOOSE「Know Your Roots」がアップされました!

BMXの元祖ブランドである「MONGOOSE」がアメリカで設立されたのは1970年代初頭です。当時、On Any Sunday(オン・エニ・サンデイ)などのモーターサイクルの映画を見たカリフォルニアの子供たちが自転車で真似を始め、ホイールを壊し続けながらジャンプする姿が多く見られました。

その光景を見たスキップ・ヘス(Skip Hess)が、マグネシウム合金製の専用ホイール(Motomag)を作り、いち早くこの遊びにBMX(バイシクルモトクロス)という名前を付けBMX Products社を創立したのがMongooseの前身です。

その後、レース協会を作った友人と協力してこの遊びを競技としてスタートさせ、2年後には世界初のBMX専用フレームMongoose(マングース)を開発。その後、世界初のBMXプロチームを編成。零細企業には無謀とも思われるTV宣伝を打ち出し、チームのレースシーンをオンエアしました。

これにより、BMXレースがアメリカ生まれのサイクルスポーツとして世界中に一挙に浸透していきました。Skipが商標登録した「BMX」という名称も後追いメーカーの誰もが使う「一般名詞」となって今日に至ります。

まさに「MONGOOSE」がなければ、この世に「BMX」という言葉は生まれてなかったのです。

今回紹介するムービーでは、僕が憧れ続けてきたライダー達のインタビューと共にその歴史を振り返ってます。

インタビューに登場するメンバーは、歴代の「team mongoose」に所属していた豪華ライダー達です!BMXライダーとしてMTBクロスカントリーシーンで有名なティンカー・ワレズ(TINKER JUAREZ)。そして、MTB界のレジェンド、ジョン・トマック(JOHN TOMAC)氏も登場。トマック氏に関しては当時の貴重な映像も収録されています。

他にもBMXフリースタイルからは僕の大好きなデニス・マッコイ(Dennis McCoy)や、自宅の庭に巨大なトレイルセクションを持つトレイルのカリスマ、ティム・ファジー・ホール(TIM”FUZZY”HALL)のライディングシーンも出て来ます。

また、MTBからはディアルスラロームやダウンヒルで活躍したブライアン・ロープス(BRIAN LOPES)やエリック・カーター(ERIC CARTER)。現チームライダーとしてはダートジャンプライダー、カム・ホワイト(CAM WHITE)や、去年YBPにも来場し、ライディングを披露してくれたオールラウンダーのクリス・アクリグ(CHRIS AKRIGG)まで。

とにかくmongooseというバイクブランドが長年幅広いジャンルに渉って支持され続けている理由がわかるムービーです!是非みなさんチェックして下さい!

(情報元:モトクロスインターナショナル)

AUTHOR PROFILE

YBP PROJECT YBP PROJECT/YBP PROJECT(ワイ・ビー・ピー プロジェクト)とは、山梨県の八ヶ岳山麓に造られた国内初となるBMXレースの世界基準コースを備える「YBP(Yuta's Bike Park/通称:八ヶ岳バイシクルパーク)」を拠点に、BMXレースやMTB、フリースタイル競技から五輪メダリストや世界大会で活躍する選手の輩出を目指すプロジェクト。プロジェクトの代表は、初代4X全日本チャンピオンで、BMXレースやMTB、ダートジャンプの現役ライダーである栗瀬裕太(くりせゆうた)が務める。 YBP PROJECT TEAM

YBP PROJECTの新着コラム

NEW ENTRY