スポンサードリンク

2015全日本選手権トラック2日目 中川誠一郎がスプリント初制覇。窪木一茂が中距離3冠

Posted on: 2015.04.12
スポンサードリンク

静岡県伊豆市にある屋内トラック競技施設、伊豆ベロドロームで開催された2015全日本自転車選手権トラックは12日、大会最終日を迎え、男女合わせて7種目で日本チャンピオンが決定した。大会の花型種目スプリントでは、中川誠一郎(競輪選手/熊本)が、昨年の覇者渡邉一成(福島/競輪選手)と決勝で激突。3本目までもつれた戦いは、後方からおいあげた中川が渡邉を僅かにかわし初優勝を飾った。


スプリント初優勝の中川誠一郎。2位渡邉一成。3位河端朋之

男子中距離では、初日に個人パーシュートを制した窪木一茂(和歌山県教育庁)が、大会2日目にポイントレースとチームパーシュートの2種目を制し、3冠を果たした。

また、女子では、前田佳代乃(京都府自転車競技連盟)がスプリントで7連覇を達成。今年の世界選手権のポイントレースで銀メダルを手にした上野みなみ(鹿屋体育大学大学院)は同種目に出場し、ジュニアアジアチャンピオン梶原悠未(筑波大坂戸高校)の追い上げを退け、3連覇を達成した。

その他の結果は下記の通り。

【2015年全日本自転車競技選手権大会トラック・レース 2日目結果】
◯女子エリート ポイントレース(20km)
優勝 上野みなみ (鹿屋体育大学大学院)

◯男子エリート ポイントレース(40km)
優勝 窪木一茂(和歌山県教育庁)

◯男子エリート スクラッチ(15km)
優勝 原井博斗 (中央大学/福岡)

◯女子エリート チームパーシュート
優勝 強化(加瀬加奈子・上野みなみ・小島蓉子・鈴木奈央)
4分44秒732 50.57km/h ※大会新記録

◯男子エリート チームパーシュート
優勝 和歌山(窪木一茂・岡本 隼・森口寛己・永橋湧也)
4分14秒743 56.53km/h ※大会新記録

◯女子エリート スプリント
優勝 前田佳代乃(京都府自転車競技連盟)

◯男子エリート スプリント
優勝 中川誠一郎(競輪選手)

■詳細リザルトは大会公式ホームページ

NEW ENTRY