スポンサードリンク

アジア選ロード2日目 ロード日本チーム3勝目!U23小石祐馬が金メダル獲得

Posted on: 2015.02.12
スポンサードリンク

2月11日、アジア選手権ロードレース2日目が行われ、男子アンダー23のレースで日本チームが攻撃的にレースを進め、小石祐馬(京都・CHAMPION SYSTEM)が優勝。女子は萩原麻由子(群馬・Wiggle Honda pro team)の10位が最高位となった。


積極的なレース運びで小石祐馬が金メダル獲得

■男子アンダー23
男子アンダー23はアジア選直前のタイでの合宿に6名のメンバーを連れて行き、浅田監督のもと新城幸也をはじめとするエリート勢と共にトレーニングを行い、レースに向けての連携を確認するなど、万全の状態でレースに臨んだ。

そんな中、特にコンディションのよい小石祐馬(京都・CHAMPION SYSTEM)、徳田優(京都・鹿屋体育大学/CHAMPION SYSTEM)、岡篤志(茨城・EQADS)、面手利輝(神奈川・EQADS)の4名がレースにエントリー。レースは、10周回、81.4kmで争われた。

ハイペースで進んでいくレース序盤、2周目で小石を含む逃げグループが形成。日本チームは小石の逃げ切り、メイン集団でのスプリントに備えレースを進めていく。

レース中盤、逃げが捕まると今度は徳田がカウンターアタック。逃げ集団を形成し、さらに小石も再び単独でそれに追いつき、9名ほどの先頭集団が作られた。日本勢は2選手を送り込み、優位にレースを進めることに成功した。


逃げグループに乗る徳田優

メイン集団内の岡と面手

残り2周、イラン選手と共に集団から飛び出したのは小石。相手のスプリント力を見ながら冷静にスプリントを開始し、先頭でゴールラインを駆け抜け、自身初となるビッグタイトル、アジア王者の座についた。

【男子アンダー23個人ロードレース(81.4km)】
1位 小石 祐馬(京都・CHAMPION SYSTEM)1時間46分33秒
2位 CHAICHI RAGHIMI, Mohammadesmaeil(イラン)1時間46分37秒
3位 PENG Yuan Tang(チャイニーズタイペイ) 1時間47分59秒
9位 徳田  優(京都・鹿屋体育大学/CHAMPION SYSTEM)1時間48分03秒
18位 岡  篤志(茨城・EQADS)1時間49分37秒
24位 面手 利輝(神奈川・EQADS)1時間49分37秒

■女子エリート
9周回、73.3kmで争われた女子エリートには萩原麻由子(群馬・Wiggle Honda pro team)、與那嶺恵理(茨城・サクソバンクFX証券)、西加南子(千葉・LUMINARIA)、針谷千紗子(栃木・Live GARDEN BICI STELLE)の4名が出走。

レース序盤から萩原が何度も単独アタックを仕掛けるものの、スプリントに持ち込みたいチームの執拗なチェックにあい、大きな展開のないままレースは進んでいった。


萩原の度重なるアタックでレースを動かそうとした日本チーム

各国の思惑通りレースはゴールスプリント勝負にとなり、チャイニーズタイペイのワンツーフィニッシュ。日本チームは萩原の10位が最高位という結果に終わった。


チャイニーズタイペイは盤石のスプリントでワンツーフィニッシュ

【女子エリート個人ロードレース(73.3km)】
1位 HUANG Ting Ying(チャイニーズタイペイ) 1時間50分34秒
2位 HSIAO Mei Yu(チャイニーズタイペイ)1時間50分34秒
3位 MENG Zhaojuan (ホンコンチャイナ) 1時間50分34秒
10位 萩原麻由子(群馬・Wiggle Honda pro team)1時間50分34秒
17位 西 加南子(千葉・LUMINARIA)1時間50分45秒
22位 與那嶺恵理(茨城・サクソバンクFX証券)1時間50分45秒
37位 針谷千紗子(栃木・Live GARDEN BICI STELLE)1時間57分09秒

ジュニア勢に続きアンダー23で金メダルを獲得したチームジャパン。2月12日は新城幸也が出場する男子エリートで金メダル獲得を狙う。

【写真:Kenji NAKAMURA/JCF】

NEW ENTRY