スポンサードリンク

話題のファットバイクはどこで遊ぶのか?老舗メーカーが提案する新たな世界観

Posted on: 2014.12.05
スポンサードリンク

ビーチや雪上で抜群のグリップを発揮するファットバイク。2015年モデルの発表と共に、各メーカーからファットバイクが相次いでリリースされている。そうした中、ファットバイクの魅力が詰まった映像2本をピックアップ。各社の提案する新たな世界観が表現されている。

■BMXの元祖ブランドMONGOOSE初のファットバイク「ARGUS(アーガス)」

紹介した動画は、MONGOOSE所属のプロMTBライダー、クリス・アクリグが手がけたMONGOOSE初のファットバイク「ARGUS」のプロモーション動画。砂浜から岩場まで、トライアルを得意とするクリスならではの圧倒的なライディングスキルで、ファットバイクの可能性を大きく広げてくれている。

完成車は、軽量のアルミフレームに、ファットバイクスペックのパーツで構成され、MONGOOSEならではのBMXの乗り味で、雪上、砂浜などを楽しめる1台となっている。

BMXやマウンテンバイクはもちろん、今や、ロードバイクまで発表しているMONGOOSEだが、原点はオフロード。長年に亘り「遊び」の提案をつづけるMONGOOSEならではのファットバイクとなった。

○バイク詳細:モトクロスインターナショナルHPより


(photo:SPECIALIZED)

■「SPECIALIZED」から「FATBOY」の限定モデルが登場

山はもちろん、雪上から砂浜まで、どこへでもいけるのがファットバイクの魅力だろう。遊び心満点のSPECIALIZEDの世界観がしっかりと伝わる映像となった。

そして、今回、SPECIALIZEDは、国内限定50台の「FATBOY」を発表。26インチ径のSEはアルミフォーク、ワイヤービードタイヤ、機械式ディスクブレーキを採用して、初めてのファットタイヤに相応しいリーズナブルな仕上がりとなった。

20インチと24インチは、各車種25台限定で、大人用のバイクに引けをとらないスペックとパフォーマンスで子供たちの走りをサポートする。変速はトリガータイプを採用し、ブレーキはメカニカルディスクを装着することにより安全性も確保された。


(photo:SPECIALIZED)

○バイク詳細:スペシャライズド ジャパンHPより

自転車の遊べるフィールドをさらに広げてくれるファットバイク。もちろん街乗りもOK。圧倒的な存在感で注目を集めることも間違いなしだ。今、自転車界ににわかにブームが起きている理由を、老舗アメリカンブランドが発表した2本の動画から垣間見ることができるのではないだろうか。

NEW ENTRY