スポンサードリンク

仏ペルビス、独フォーゲルが3冠!日本勢は最速バトルに苦杯 トラック世界選手権2014

Posted on: 2014.03.04
スポンサードリンク

南米コロンビア第三の都市カリで行なわれた自転車トラック競技の世界選手権は2日に閉幕し、男女合わせて19種目で世界チャンピオンが誕生した。男子短距離種目では、フランスのフランソワ・ペルビスが1Kmタイムトライアル、スプリント、ケイリンで勝利し3冠。また女子短距離種目では、ドイツのクリスティーナ・フォーゲルが、チームスプリント、スプリント、ケイリンを制し、同じく3冠を達成した。

ー■遅咲きのスプリンター、ペルビスが短距離3冠
今年、30歳を迎える遅咲きのスプリンター、フランソワ・ペルビスは、昨年の2013世界選手権で1Kmタイムとライルで優勝し、初の世界チャンピオンの座についた。迎えた2014シーズン。昨年12月のワールドカップ第2戦で、1Kmタイムトライアルで56秒303という驚異的な世界記録をたたき出し優勝。好調を維持したまま挑んだ世界選手権で圧巻の走りを見せつけた。

ケイリン決勝で逃げ切り勝利を果たすと、得意の1Kmタイムトライアルでは59秒385で2勝目。そして、スプリントでは昨年の世界王者、ドイツの若きスプリンター、ステファン・ベティヒャーを相手に2本連取して見事3冠を達成した。

フロリアン・ルソー、アルノー・トゥルナン、グレゴリー・ボジェといった歴史に残る名スプリンターを輩出してきたフランスに、再びレジェントスプリンターが誕生した。

【ペルビス逃げ切り勝利:男子ケイリン決勝】

【ペルビスストレート勝利:男子スプリント決勝】

ー■悲願の個人種目V!ドイツのクリスティーナ・フォーゲルが3冠
ロンドンオリンピック、チームスプリント金メダリストであるクリスティーナ・フォーゲルは、一昨年、昨年の世界選手権では、チームスプリントこそ金メダルを獲得するものの、個人種目でのメダル獲得はなかった。そうした中、今年念願の個人種目を制すこととなった。大会初日に、盟友、ウェルテと共にチームスプリントを制すと、その後個人種目である、スプリントとケイリンを制し、短距離種目3冠を達成した。

【フォーゲル3冠:女子ケイリン決勝】

ー■世界最速バトルに日本勢は苦杯をなめる
日本勢は、オムニアムに出場した鹿屋体育大学の橋本英也が、前半3種目で5位につけるなど健闘をみせるものの、後半3種目で失速し、最終的に12位でレースを終えた。

また、世界選手権初出場となった現役競輪学校生、石井貴子と小林優香は、チームスプリントに出場。34秒535の日本記録更新を狙ったが、タイムは伸びず35秒584で10位に終わった。

その他、日本代表選手たちの成績は下記の通り。

【2014トラック世界選手権 主な成績】

●男子チームスプリント
1位 ニュージーランド 42秒840
2位 ドイツ      42秒885
3位 フランス     43秒285
11位 日本(河端・中川・渡邉)44秒938

○女子チームスプリント
1位 ドイツ(フォーゲル/ウェルテ)32秒440
2位 中国   33秒239
3位 イギリス 33秒032
10位 日本(石井・小林)35秒584

●男子ケイリン
1位 F.ペルビス    (フランス)
2位 F.プエルタ サパタ(コロンビア)
3位 M.ブクリ     (オランダ)
17位 渡邉一成(日本)
21位 脇本雄太(日本)

○女子500mタイムトライアル
1位 M.ウェルテ (ドイツ) 33秒451
2位 A.メアーズ (オーストラリア) 33秒548
3位 A.ヴァイノバ(ロシア) 33秒789
15位 前田佳代乃(日本)   (日本) 35秒499

●男子1kmタイムトライアル
1位 F.ペルビス (フランス) 59秒385
2位 J.エイラーズ(ドイツ)  59秒984
3位 S.ヴァンベルトーベン(ニュージーランド)1分00秒518
15位 中川誠一郎(日本) 1分03秒110

○女子スプリント
1位 K.フォーゲル(ドイツ)
2位 ZHONG Tianshi (中国)
3位 LIN Junhong  (中国)
前田佳代乃(日本) 1/16決勝敗退(1回戦敗退)

●男子スプリント
1位 F.ペルビス(フランス)
2位 S.ベティヒャー(ドイツ)
3位 D.ドミトリエフ(ロシア)
中川誠一郎(日本)1/16決勝敗退(1回戦敗退)
河端 朋之(日本)予選敗退

○女子ケイリン
1位 K.フォーゲル (ドイツ)
2位 A.メアーズ(オーストラリア)
3位 R.ジェームズ (イギリス)
17位 前田佳代乃(日本)1回戦敗者復活戦敗退

●男子オムニアム
1位 T.ブダ(フランス) 24p
2位 T.ヴェルト(オランダ) 28p
3位 V.マナコフ(ロシア) 32p
12位 橋本英也(日本) 68p
ーーーーーーーーー
橋本 英也(日本)各種目成績
 オムニアムⅠ フライングラップ 13位 13秒628
 オムニアムⅡ ポイントレース(30km) 4位 32p
 オムニアムⅢ エリミネイション 4位
 オムニアムⅣ 4km個人パーシュート 15位 4分41秒989
 オムニアムⅤ スクラッチ 16位
 オムニアムⅥ 1kmタイムトライアル 16位 1分06秒937

○女子オムニアム
1位 S.ハマー(アメリカ) 14p
2位 L.トロット(イギリス) 20p
3位 A.エドモンドソン(オーストラリア) 24p
17位 塚越さくら(日本)88p
ーーーーーーーーーー
塚越さくら(日本)各種目成績
 オムニアムⅠ フライングラップ 11位 14秒808
 オムニアムⅡ ポイントレース(20km) 17位 -20p
 オムニアムⅢ エリミネイション 14位
 オムニアムⅣ 3km個人パーシュート 16位 3分49秒577
 オムニアムⅤ スクラッチ 16位
 オムニアムⅥ 500mタイムトライアル 14位 37秒136

NEW ENTRY