スポンサードリンク

今年の日本最速は誰か!秋田で2013全日本タイムトライアル開催

Posted on: 2013.06.07
スポンサードリンク

6月9日に行なわれる全日本個人タイムトライアル・ロードレース大会。今年も秋田県大潟村ソーラースポーツラインのコースを舞台に、日本最速のスピードマンが決定する。

注目は、今シーズンからチャンピオンシステムに移籍した昨年の王者、西薗良太。5月に行なわれたツアーオブジャパンでは、日本人最高の総合6位で終え、好調をキープし、この大会に挑む。今年の1つの目標に「タイムトライアルとロードの全日本2冠」をターゲットに据えており、高いモチベーションで戦いに挑むこととなる。

2009年の覇者、愛三工業レーシングチームの盛一大や昨年2位の佐野淳哉ら、有力選手のエントリーがないなか、昨年5位の窪木一茂(マトリックス・パワータグ)や、2010年のタイムトライアルチャンピオン、ベテラン福島晋一(NIPPO・デローザ)の走りに注目が集まる。

一方、エリート女子は有力選手が集結する。イギリスのプロチームWiggele Hondaで活躍する日本チャンピオン萩原麻由子がが日本一を守りに帰国を果たす。海外で活躍する彼女にとっては、まさに負けられない戦いとなる。対するは、昨年の全日本ロードで萩原と最後の最後まで死闘を演じた與那嶺恵理(チームフォルツァ!)が、悲願のタイトル奪取を狙う。

また、今年は、障害者アスリートたちのパラサイクリング全日本選手権も同時開催となり、パラリンピックメダリスト、藤田征樹や、石井雅史らが集結。障害者と健常者の垣根を超えて、日本最速を目指したサイクリストたちが、スピードの限界に挑戦する。

【大会詳細】
http://jcf.or.jp/?p=26212

【過去の大会の動画】
●2012年大会 優勝 西薗良太

●2011年大会 優勝 別府史之

●2010年大会 優勝 福島晋一

【パラサイクリング関連動画】
●日本パラサイクリングチーム4年後へ新スタート

 

NEW ENTRY