スポンサードリンク

BMXフラットランドの世界大会が5年ぶりに日本で開催

Posted on: 2012.06.15
スポンサードリンク

世界的なエナジードリンクブランドのレッドブルは9月8日、京都市の国立京都国際会館イベントホールでBMXフラットランドの世界大会「Red Bull Circle of Balance」を開催すると発表した。大会には世界各国のトップライダー16名が参戦する。

BMXフラットランドは、BMXフリースタイルにカテゴライズされる競技で、森崎弘也や佐々木元といった日本人選手が世界レベルの大会で活躍する数少ない “自転車競技” のひとつ。第1回の「Red Bull Circle of Balance」は、02年にドイツのオーバーハウゼンで行われ、04年大会では日本の山本亮二(徳島県)が優勝している。東京で行われた前大会(07年)に引き続き、二年連続で日本が開催地に選ばれたことは、日本のフラットランドシーンが世界をリードしていることを証明している。

<Red Bull Circle of Balance 開催概要>
日時:2012年9月8日(土)17:00〜21:30
場所:国立京都国際会館イベントホール(京都市左京区岩倉大鷺町422番地)
チケット:アリーナ席 5000円(桟敷席、自由席、イベント記念品付)、スタンド席 3000円(立見、自由席)※6月16日より販売開始
参加選手:16名(日本人3名)
ジャッジ:田中光太郎(Kotaro Tanaka、日本)、チャド・ディグルート(Chad DeGroot、アメリカ)、トラヴィス・コーリァー(Travis Collier、カナダ)、マイケル・スタイングラバー(Michael Steingraeber、ドイツ)、マーティ・クオッパ(Martti Kuoppa、フィンランド)

NEW ENTRY