スポンサードリンク

『Red Bull Holy Ride』フィリップ・ポルクが2連勝を飾る

Posted on: 2013.11.04
スポンサードリンク

通常は山の斜面にて行うMTBダウンヒル・レースを、聖なる(=ホーリーな)場所で行うというコンセプトで行われる『Red Bull Holy Ride』の、第3回目となる大会が、11月3日に応頂山勝尾寺にて行われ、フィリップ・ポルク(レッドブル)が、前回大会に続く2連勝を飾った。


2連勝を飾ったフィリップ・ポルク(レッドブル)/ ©Red Bull Content Pool

この大会の、第1回は2010年に京都・石清水八幡宮境内の表参道、第2回は2011年に愛媛県西条市の石鎚神社本社境内にて行われ、第3回目となる今回は、 勝運(かちうん)の寺として有名な勝尾寺が会場となった。

階段や坂道、ブリッジやバームで構成された境内のコースは全長約500m、石段約250段、最大傾斜約25度という、テクニカルなコース設計となっている。


Photo by ©Red Bull Content Pool

本大会には、14歳〜47歳の合計117人のライダーが参加し、終日雨が降るという非常にスリップしやすい路面コンディションの中で行われ、JCF(日本自転車競技連盟)2013年度ナショナル・ポイントランキングの男女エリートクラス上位陣が多数参加し、ハイレベルな戦いとなった。

中でも、強さを見せたのが、フィリップ・ポルク(レッドブル/スロバキア)前回大会に続く、優勝を決め、2位には竹本将史、3位は青木卓也が入賞した。


表彰台に上る選手(左から竹本将史、フィリップ・ポルク、青木卓也 / ©Red Bull Content Pool)

フィリップ・ポルク優勝コメント「天候が悪くてレースが厳しかったけど、厳しいほうが自分にとってはよかった。自分のラッキーナンバーは3なので、次もまた日本にきて優勝を狙いたいと思う」と3連覇への意気込みを見せた。

本大会の会場となった応頂山にある勝尾寺

NEW ENTRY