スポンサードリンク

スポンサードリンク

島田遼が今季初勝利 BMXレース国内シリーズ第2戦 秩父大会

6月2日、2019JBMXF大東建託シリーズ第2戦が、埼玉県秩父市の秩父滝沢サイクルパークで開催された。

2009年に開場した秩父滝沢サイクルパークは、今年秋の着工で国際規格の8mスタートヒル増設が予定されているなど、日本国内でも屈指のハイレベルなスキルが求められるトラックだ。

開幕戦の覇者、池上泰地が前日の練習で転倒し、欠場となる波乱のなかで行われた男子チャンピオンシップ。初戦のモトから準決勝、決勝まですべてトップでゴールした島田遼が今季初優勝を挙げた。2位には秩父をホームコースとするベテランの高山一成、3位には開幕戦でも2位に入賞した深川匠が入った。

【男子チャンピオンシップ結果】
優勝 島田 遼(広島県/広島県BMX協会/GAN TRIGGER AIC OSHU)
2位 高山 一成(埼玉県 / 秩父BMX協会/モトクロスインターナショナル)
3位 深川 匠(埼玉県/秩父BMX協会)

映像提供:JBMXF

タグ: , , , ,

NEW ENTRY