スポンサードリンク

スポンサードリンク

【Pick Up】三谷竜生が新王者に輝く!KEIRINグランプリ2018ドキュメント

2018年12月30日に行われた競輪界最高峰の戦い「KEIRINグランプリ2018」。静岡競輪場で初開催となった年末の大一番を制したのは、奈良の三谷竜生選手でした。昨年、年間6度あるG1レースのうち、日本選手権と高松宮記念杯で優勝。名実ともに競輪界のトップレーサーとして成長を遂げた男がグランプリも制し、新王者へ輝きました。その戦いのドキュメント映像が月刊競輪WEBでアップされたのでご紹介。

三谷の成長を支えるのは、その努力や実力もさることながら、近畿勢の活躍がその勢いを後押ししてきたのは間違いないでしょう。長年、近畿を牽引してきた村上義弘と村上博幸という絶対的な存在。そして、その近畿イズムを継承してきた、脇本雄太や三谷竜生が今躍動しているのです。

特に脇本雄太は、トラックナショナルチームとしてその実力を開花させ、ワールドカップでは、ケイリンで2度の金メダルを獲得。得意のロングスプリントに磨きをかけ、世界のトップレーサーへと成長をとげました。

そんな近畿勢が4車でラインを組んで挑んだKEIRINグランプリ2018。脇本が残り1周半から先頭にでると近畿勢がレースを支配していきます。そして、脇本の2番手で勝機を伺った三谷が最終ストレートで加速して勝利。新王者に輝きました。

すべての競輪選手が憧れる夢の舞台「KEIRINグランプリ」。そこに挑む選手たちのレース前後の緊張感のある表情や言葉から、大会の威厳、そしてグランプリでの勝利の重みが伝わるドキュメントに仕上がっています。

▶動画ピックアップ元:月刊競輪WEB「KEIRIN GP 2018ドキュメント」
http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/column/movie/20190111_1.html

タグ: , , , ,

NEW ENTRY