スポンサードリンク

【速報】2020年夏季五輪の開催地が東京に決定!

Posted on: 2013.09.08
スポンサードリンク

2020年夏季五輪の開催地が東京に決まった。

9月8日未明(日本時間)、アルゼンチンの首都、ブエノスアイレスで2020年夏季五輪の開催都市を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会が行なわれた。

総会では、候補都市の最終プレゼンテーションに残った東京(日本)、イスタンブール(トルコ)、マドリード(スペイン)の3都市がオリンピック・パラリンピックの招致を争い、東京は3都市の中から見事に勝利を収めた。

夏季五輪で行なわれる自転車競技は現在、ロードレース、トラックレース、BMX、マウンテンバイクの4つの競技と、男女合わせると全18種目が予定されている。

日本勢もトラックのスプリント競技でメダル獲得経験を持っていることから、自転車競技でも、メダル獲得の瞬間を東京で見られる期待が高まる。

BMXレースでは、先日行なわれた2013UCI BMX世界選手権大会のガールズ14歳クラスにて、榊原爽が優勝、2位には2012年に世界選手権を制した畠山紗英が入るなど、2020年には円熟期を迎えているであろう世代の選手たちが世界で活躍を見せており、このまま順調に行けばメダルを期待できる選手たちだ。

国内での練習環境も着々と準備が進んでいる。2011年9月に完成した伊豆ベロドロームでは、日本初の屋内250m板張りトラックが用意され、これまであった日本サイクルスポーツセンター(通称:CSC)と合わせ、ロード、トラック、BMX、MTBそれぞれの選手たちが競技力を高めるための環境が整いつつある。

さらに、BMXレースでは、国内初、世界基準のBMXレースコース、SX(スーパークロス)トラックのトレーニングコースが8月末、山梨県北杜市にあるYBPに完成したばかり。

これらの活動が、7年後の自転車の各競技にどのような成果をもたらすのか。今から2020年東京五輪が待ち遠しい。

プレゼンテーションで紹介された映像
東京2020国際招致PRフィルム/Introducing Tokyo 2020 Venues

東京2020国際招致PRフィルム/Tokyo 2020 International Promotion Film : Tomorrow begins

TOKYO2020 FINAL Presentation FILM

関連動画
完成!日本初の屋内板張り走路「伊豆ベロドローム」

国内初、世界基準のBMXレースコース、SX(スーパークロス)トラックがYBPに完成

2013BMX世界選手権 ガールズ14 歳で榊原・畠山がワンツーフィニッシュ
https://www.cycloch.net/2013/07/24/11471/

NEW ENTRY